離弾性骨軟骨炎と野球の関係性について|鶴岡市のエイト鍼灸整骨院
もう大丈夫です!
ご予約は今すぐ!
ここをタップして電話をする
受付時間(月‐金)
9:00~13:00 / 14:30~20:30
友だち追加数

離弾性骨軟骨炎 野球

離断性骨軟骨炎を発症すると野球を諦めなければならないのか

スポーツをしている人の中には、将来、スポーツ選手になりたいなど夢を持って取り組んでいる子もいます。
そんな成長期の子供さんの夢をこわしてしまうかもしれないのが離断性骨軟骨炎です。
離断性骨軟骨炎は、成長期の子供に起こる故障で、様々なスポーツをしている子供さんにリスクがあります。
離断性骨軟骨炎になってしまうと肘や膝、足首等の関節部分の軟骨にヒビ等が入って骨に壊死が起こってしまいます。
軟骨にヒビが入った時点で痛みが発生するため、ほとんどの場合は中程度の離断性骨軟骨炎で気が付きます。

野球ができなくなるかもしれない離断性骨軟骨炎

しかし、我慢してスポーツなどを続けてしまうと手術しないといけない状態になってしまうのです。
症状がひどくなると骨が剥がれて関節が最悪動かなくなります。
これでは、スポーツどころか学校生活も一般的な生活にも支障をきたすようになります。
ここまで離断性骨軟骨炎の症状が進んでしまうと野球を諦めなくてはならない状態になってしまうかもしれません。
特に、バッターや投手など、関節部分を動かす確率が高いポジションの場合、なかなか離断性骨軟骨炎の状態では続けられません。
そうならないためにも、早い段階で離断性骨軟骨炎の治療を行った方が良いです。
症状がかなり悪い場合は、手術も必要ですが初期や中程度ならば手術は必要ない場合もあります。
それでもしばらくは休養しないといけませんが、日常生活では支障は出なくなります。
この休養期間にしっかり休ませる事が野球に復帰できるかどうかになります。

プロの選手でも同じ様な呼称を起こす場合があります。
しかし、プロの選手は休養期間に無理をするようなことはしません。
リハビリをしたり、少し良くなったらインナーマッスルを鍛えて離断性骨軟骨炎にならないように準備するのです。
スポーツをしたい気持ちも判りますが成長期だと後遺症が残る事も多いので無理は禁物です。
できるだけ、関節部分に違和感を感じたら整形外科を受診するようにして下さい。



肩こり整体体験レポート

患者様からのお礼の声100件突破
信頼の改善率94%
TVや雑誌などのメディアに掲載されています

当院の推薦の声

大学病院の小山先生から推薦の声
この度、エイト鍼灸整骨院さんの三浦先生に施術をしていただき、以前より痛めていた肩の疼痛が改善し、非常に動かしやすくなりました。
さらに私は仕事(手術)で中腰になることが多いのですが、それにより抱えていた腰痛も改善したように思います。 整形外科医として先生方の施術の技量に感銘を受けた次第です。
また、施術中に患者様に対する三浦先生の考えをお聞きし、日夜施術の知識と技術を向上させるために努力なさっている様子を拝見し、非常に信頼できる先生だと感じました。
エイト鍼灸整骨院さんの患者様に対するお考えは、医師である私も考えるところが多く、非常に勉強になりました。
もしお身体の不調をお持ちの方がいらっしゃいましたら、エイト鍼灸整骨院さんで施術を受けることを推薦いたします。

このような方は当院へ

もし一つでも当てはまるものがある方は

年間15000人以上の施術実績

当院が選ばれる理由

他院との違い

3つの秘密

当院の治療の流れ

お約束

まずは無料相談をご利用ください

50%OFF

1750

保障について

万全のサポートに加え、安心の全額返金保証制度つき

予約について

当院へのアクセス情報

所在地〒997-0023山形県鶴岡市鳥居町21-11 メゾン鳥居102
駐車場4台あり
電話番号0235-23-3884 ※「HPを見て予約をしたいのですが」とお伝え下さい。
予約お電話・ネット及びLINEでのご予約が可能です。
休診日日、祝祭日
24時間365日無料メール相談・予約

予約について

フェイスブックを始めましたので「いいね」をお願い致します。