離弾性骨軟骨炎の症状とは?|鶴岡市のエイト鍼灸整骨院
もう大丈夫です!
ご予約は今すぐ!
ここをタップして電話をする
受付時間(月‐金)
9:00~13:00 / 14:30~20:30
友だち追加数

離弾性骨軟骨炎 症状

成長期に多い離断性骨軟骨炎とはどんな症状?予防方法はある?

特に小学生から高校生くらいまでの成長期の男の子に起こりやすいのが離断性骨軟骨炎です。
離断性骨軟骨炎は、肘や膝、足首など起こり、まだ完成されていない軟骨などにダメージを与えることでヒビが入ったりします。
軟骨の下の骨の部分が壊死を起こしてしまい剪断型骨端症となってしまいます。
もともと、このような状態になりやすい体質(身体が硬いなど)があり、同じ練習をしていても離断性骨軟骨炎になる人とならない人がいます。

最初は、膝や肘、足首などにちょっと違和感がある程度ですが、軟骨に亀裂等が入ることで痛みが出てきます。
この時点で治療すれば、かなりの確率で完治しますし治療期間も短いですが我慢することで症状が悪化します。
初めは運動時だけの痛みだったのが、普通の生活にも影響が出るようになります。
階段を登ったり、体操をしたり、関節をのばすだけでも痛みや引っかかる感じがするようになります。
離断性骨軟骨炎の症状が悪化すると骨軟骨が剥離しレントゲンにもはっきり映るようになります。
この段階になると骨片が剥がれて関節に挟まってしまう事もあり、関節自体動かない状態になります。
即、手術という事になりますが、数カ月は運動どころか生活全般に影響が出てしまいます。

離断性骨軟骨炎にならない為にはどうすればいい?

このような離断性骨軟骨炎にならない為には、入念なウォーミングアップと運動後のクールダウンが必要です。
ウォーミングアップでは、特に肘や膝、足首などの筋肉を伸ばしたり、無理のない程度にゆっくり動かします。
特に身体の硬い体質の人は柔らかい人の倍くらいストレッチを行った方が良いと言われています。
身体の筋肉を柔らかくすることで離断性骨軟骨炎のリスクを減らすのです。
人の筋肉は動かすと疲労物質が溜まります。
これが炎症の原因となり離断性骨軟骨炎の原因にもなってしまいます。
スポーツの練習のしすぎは疲労物質を溜める原因にもなりますし回復が上手くいかないと疲労が蓄積されていきます。
離断性骨軟骨炎にならないようにするには、ストレッチなどのウォーミングアップと無理の無い練習、そして充分な回復が必要です。



当院の推薦の声

このような方は当院へ

もし一つでも当てはまるものがある方は

当院が選ばれる理由

他院との違い

3つの秘密

当院の治療の流れ

お約束

保障について

50%OFF

1750

予約について

当院へのアクセス情報

所在地〒997-0023山形県鶴岡市鳥居町21-11 メゾン鳥居102
駐車場4台あり
電話番号0235-23-3884 ※「HPを見て予約をしたいのですが」とお伝え下さい。
予約お電話・ネット及びLINEでのご予約が可能です。
休診日日、祝祭日

予約について

フェイスブックを始めましたので「いいね」をお願い致します。