電話予約
友だち追加数

ホーム > Blog記事一覧 > 2016 6月の記事一覧

冷湿布と温湿布の違いとは?腰痛の症状に合わせた使い分け方法

2016.06.23 | Category: 腰痛

鶴岡市、庄内、鶴岡駅のエイト鍼灸整骨院でスピーディな腰痛改善

今日も明るくお話ししていきます!!

鶴岡市のエイト鍼灸整骨院・整体院 三浦です!!

 IMG_8259

本日のテーマは

私の腰の痛みは

 

「温湿布・冷湿布どっちがいいの!?」

 

という疑問にお答えしていきたいとおみます!

 

どっちがいいんだろう?

と疑問に思っているあなたにはとても役立つ情報になると思いますので

 

是非最後まで読んで下さいね!!

 

腰痛の対処法として、もっとも手軽なのが湿布を貼るという方法なので、腰痛を抱えている方なら、いつでも使えるように湿布を常備している方も多いでしょう。

湿布には貼ったときにひんやり冷たく感じる冷湿布と、温かく感じる温湿布の2種類があります。

どちらも消炎作用があるのは同じですが、これらの湿布は効果が違うので、腰痛のタイプによって使い分けなくてはいけません。

とりあえず湿布を貼っておけば良いという使い方をすると、逆に腰痛を悪化させることがあるので正しい使い方を覚えておきましょう。

 001

・冷湿布と温湿布の違い

冷湿布と温湿布の違いで一番分かりやすいのは、貼ったときに肌が感じる温度です。

冷湿布は冷たく感じますし温湿布は温かく感じますが、これは使われている成分に違いがあるからです。

冷湿布にはメントールが配合されていて、温湿布には唐辛子に含まれるカプサイシンが配合されています。

メントールはハッカに含まれる成分で、患部を冷やすことで痛みを麻痺させたり、血流を抑えて炎症を鎮める効果を持っています。

一方、カプサイシンというのは血流を促進する効果や筋肉を緩める効果、そして皮膚を刺激することで表皮の温度を上げて痛みを取り除きます。

冷湿布と温湿布は、貼ったときの皮膚の感覚が違うという意識しかないかもしれませんが、痛みを改善するアプローチが違うので、腰痛の症状に合わせて使い分ける必要があるのですね。

 thK2JLHGMT

・腰痛に合った使い分け方法

腰痛というのは、炎症で神経が刺激されることが原因かもしれませんし、歪みなどで血流が低下している状態かもしれません。

痛みの原因が炎症なのか血流の低下なのかは、発症したときの状態で判断できます。

例えばぎっくり腰のように、それまでまったく痛みがなかったのに突然強い痛みが発症した場合は、腰の筋肉や組織に炎症が起こっています。

炎症が起こっているところに、血流を促す温湿布を貼ってしまうと、炎症が治らないどころか余計に痛みが強くなります。

ですので、急性の腰痛には冷湿布を使いましょう。

逆に、慢性的に腰痛が起こっている場合は、骨盤や背骨の歪みや筋肉が固くなっているせいで血流が低下しています。

この状態に冷湿布を使えば、当然ですがさらに血液の流れが滞って痛みは取れません。

温湿布は患部を温める効果があるので、コリをほぐして痛みを和らげてくれますから、慢性的な腰痛には温湿布を使うのが正解です。

冷湿布と温湿布の働きの違いをきちんと理解していれば、腰痛の症状に合わせて正しい使い方が出来るので、効率よく腰痛を改善していけるでしょう。

 th

なぜ腰は痛くなるの?その原因と正しい対策方法について

2016.06.16 | Category: 腰痛

鶴岡市、庄内、鶴岡駅のエイト鍼灸整骨院でスピーディな腰痛改善

なぜ腰は痛くなるの!?

鶴岡市の整骨院、整体院院長の三浦がそんな疑問に答えます!!

 

腰というのは、上半身と下半身をつなぐ部位なので、寝ている時以外は上半身の重みによる負荷を常に受け続けていますし、下半身からの衝撃も受け止めています。

単純に言えば、腰が痛くなるのは上半身と下半身の負担を受けるからです。

さらに姿勢が悪かったりすると、骨盤が歪んで腰への負担が大きくなるため腰痛が引き起こされます。

もちろん痛みの度合いは人によって異なりますし、与える負荷によっても腰痛の症状は違ってきます。

 

・腰の痛みの原因

腰の痛みというのは椎間板ヘルニアや腰椎分裂症など病気が原因で起こる特異性腰痛と、腰に負担をかける生活習慣で起こる非特異性腰痛の2種類があります。

一般的な腰痛は非特異性腰痛で、原因は自分の生活習慣の中にあります。

例えば仕事で常に重い物を持ったり、中腰になることが多かったり、デスクワークで長時間猫背の状態が続くなどは腰痛の一番の原因になります。

専業主婦の方だと、運動不足が原因になることもありますし、スマホやパソコンのやりすぎで姿勢が悪いことが原因かもしれません。

いずれにしても、病気が原因ではない非特異性腰痛は毎日の生活を見直してみることで原因が分かります。

 非特異性腰痛

 

・腰の痛み対策方法

腰痛の対策方法はいろいろありますが、腰の痛みを根本から解消するには、原因を突き止めなくてはいけません。

いくた効果的な対策を行っても、原因自体を改善しなければすぐに痛みが発症します。

と言っても、痛い状態を我慢するのは体によくありませんし、立ったり座ったり、歩いたりなど日常の動作に腰の働きは欠かせませんから、痛みを軽減する対策方法を行っていきましょう。

 

どんな原因の痛みにも効果的なのはストレッチと栄養補給です。

ストレッチをすると、姿勢の悪さや腰への負担で縮こまって固くなった筋肉をほぐすことができます。

また、腰や骨盤の歪みの矯正にもなるので、腰の痛みを緩和する効果があります。

自分が気持ち良いと感じられる程度に、腰をひねったりぐっと背伸びをしてみましょう。

特にデスクワークをしている方は、1時間に1回はストレッチをすると腰痛の改善や予防につながります。

神経や筋肉の痛みを和らげたり、血行を促進するには栄養補給が最適です。

ビタミンB1には筋肉の疲れを取ったり、神経の張りを和らげる効果がありますし、ビタミンEは筋肉の緊張をほぐしたり血液の流れを促す効果があります。

ビタミンB6B12には神経の働きを正常化する効果もあるので、これらの栄養素をサプリメントで補給すると腰痛緩和効果が期待できます。

すぐに改善できなくても、これらの対策方法を毎日続けていけば、腰痛に対抗出来る体が作れるので是非実践してみてください。

 

腰痛ストレッチ

 

スポーツ専門の整形外科や整骨院と普通の整形外科と整骨院とのちがいは?

2016.06.11 | Category: スポーツ障害,整形外科,整骨院

こんにちは!

スポーツ専門の整骨院、整体院のエイト鍼灸整骨院 三浦です。

IMG_8259

いよいよ各スポーツ競技も大事な大会を迎える時期になってきました。

 

ここで1番怖いもの

 

 

そうです。

 

ケガですね。

 

特に突発的なケガの骨折、脱臼、捻挫、打撲

 

などは、誰を責める事もなく、とても辛いと思います。

 

 

先日、エイトに初めて来院されたお客様でこんな方がいらっしゃいました。

 

「中学生の野球少年で試合中に転倒してしまい親指を痛めてしまいました。

 

 

 

直ぐに病院に行って診察してもらったら直ぐに手術が必要で、

 

 

診断結果

 

 

『靭帯損傷』

 

『野球はもう諦めてください。』

 

 

と言われました。

 

なんとか1カ月後の試合に出たいのですが

 

なんとかなりませんか?」

 

 

と言うお客様でした。

 

 

確かに私が診させてもらっても

 

靭帯は損傷していて靭帯の機能を果たしていない。

 

と言うような状況でした。

 

しかし、

『本当に野球を諦めなくてはいけないのか?』

と言う疑問から

 

いつもお世話になっている

 

スポーツ専門の整形外科にもう一度診察をしてもらう事を勧めました。

 

 

その結果…

 

診断としては

 

初めに行った整形外科と変わらず

 

『靭帯損傷』

手術の必要がある…

 

しかし、

 

今手術をしてしまうと復帰まで2ヶ月かかるのでもし試合に出たいという考えなのであればこの選択肢はないと思います。

 

痛みは多少あるかもしれませんがテーピングや、サポーターをすればなんとか試合には出れるのではないですか?

 

ここで試合に出る事を諦めるのはもったいなさすぎます。

 

 

とスポーツ専門の整形外科で言われたようです。

 

実際の診断結果は変わりませんが、この選手の人生は大きく変わりました。

 

この選手は涙を流しながら話してくれました。

 

なんとかこの選手を助けてあげたいと思いました。

 

普通の整形外科や整骨院とスポーツ専門の整形外科と整骨院とではこれだけの違いがあります。

 

是非スポーツ好きなあなたは、スポーツ選手の気持ちをわかってくれる先生の元で納得のいく診断結果をもとみてはいかがでしょうか!?

良いとか、悪いとかという話ではなく、一人一人様々な見方と意見があります。

少しでもあなたが納得のいく意見を聞くことができるように、全力を尽くしてみてはいかがでしょうか?

 

エイトではそんなあなたを全力でサポートします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肩こり整体体験レポート

お客様からのお礼の声100件突破
信頼の改善率94%
TVや雑誌などのメディアに掲載されています

当院の推薦の声

このような方は当院へ

もし一つでも当てはまるものがある方は

年間15000人以上の施術実績

当院が選ばれる理由

他院との違い

3つの秘密

当院の施術の流れ

お約束

まずは無料相談をご利用ください

70%OFF

1750

保障について

万全のサポートに加え、安心の全額返金保証制度つき

予約について

当院へのアクセス情報

所在地〒997-0023山形県鶴岡市鳥居町21-11 メゾン鳥居102
駐車場4台あり
電話番号0235-23-3884 ※「HPを見て予約をしたいのですが」とお伝え下さい。
予約お電話・ネット及びLINEでのご予約が可能です。
休診日日、祝祭日

予約について

フェイスブックを始めましたので「いいね」をお願い致します。