電話予約
友だち追加数

Blog記事一覧 > 未分類 > 産後ボディケアはなぜ必要なの?産後の変化とトラブルについて

産後ボディケアはなぜ必要なの?産後の変化とトラブルについて

2018.04.16 | Category: 未分類

妊娠出産という過程を経ると、女性の体には大きな変化が生じます。
妊娠中は必死に赤ちゃんを育てている体は、出産によって突然その対象を失います。
体というのは状態に合わせて変化をしますが、簡単に元に戻るわけではないため産後にはボディケアが必要になります。

 

 

・産後ボディケアが必要な理由

 

 

産後のボディケアが必要なのは、妊娠出産によって変化した体を元に戻すためです。
よく、芸能人が産後2ヶ月ぐらいで仕事復帰すると、短期間で元のスタイルに戻っていることが賞賛されますね。

 


つまりそれだけ産後は体が元に戻りにくいということです。
もちろん体質や生活活動など人によって違いはありますが、多くのママは産後の体の変化に悩んでいます。
体を出産前の状態に戻すには、体調が戻ったらすぐに始めるのがもっとも効果的です。
だからこそ、産後ボディケアは必要不可欠なのですね。

 

 

・産後の体はどのように変化する?

 

 

産後の体の変化と言えば、まず思いつくのはお腹を中心に体についている脂肪ではないでしょうか。
妊娠をすると、体内の赤ちゃんを衝撃から守るため、ママの体には脂肪が蓄積しやすくなります。
これは女性ホルモンの働きによるもので、妊娠を継続させるために必要なことです。

 


しかし、蓄積した脂肪は出産をしたからといってすぐに落とせるものではありません。
赤ちゃんのためと言っても脂肪は脂肪ですから、何もしなければそのまま残ってしまうのです。
また、体の変化は外見だけではありません。

 


出産をする時には、産道を大きく広げるために骨盤も開きます。
そこに出産の圧力が加わるため、腹筋や骨盤底筋が緩んでしまい、開きっぱなしの状態になっています。

 

 

・ケアをしないとトラブルが起こることも

 

 

産後の体を放っておくと、ただ体型が戻らないだけではなく、さまざまなトラブルが起こるリスクが高くなります。
特に骨盤の影響は大きく、緩んだままにしておくと腰痛が発症します。
骨盤の歪みによって骨盤底筋が緩んだ状態だと、尿道の締める筋肉が弱まります。
そのため尿漏れに悩まされるママも少なくありません。

 


さらに骨盤底筋の緩むと、内臓が下垂してしまうため子宮脱や膀胱脱が発症することもあります。
また、内臓の下垂は子宮や卵巣を圧迫するので、女性ホルモンの分泌量が減少します。
産後の体は女性ホルモンバランスを戻そうと頑張っているのに、ケアをしないせいでバランスが崩れたままになってしまうこともあるのです。

 

 

このように、産後の体にはあらゆる変化が起こりますし、トラブルが発症しやすい状態になっています。
赤ちゃんのお世話で大変なときですが、自分もケアをしないと子育てにも影響が出るかもしれないので、しっかりボディケアをしていきましょう。

肩こり整体体験レポート

患者様からのお礼の声100件突破
信頼の改善率94%
TVや雑誌などのメディアに掲載されています

当院の推薦の声

このような方は当院へ

もし一つでも当てはまるものがある方は

年間15000人以上の施術実績

当院が選ばれる理由

他院との違い

3つの秘密

当院の治療の流れ

お約束

まずは無料相談をご利用ください

70%OFF

1750

保障について

万全のサポートに加え、安心の全額返金保証制度つき

予約について

当院へのアクセス情報

所在地〒997-0023山形県鶴岡市鳥居町21-11 メゾン鳥居102
駐車場4台あり
電話番号0235-23-3884 ※「HPを見て予約をしたいのですが」とお伝え下さい。
予約お電話・ネット及びLINEでのご予約が可能です。
休診日日、祝祭日

予約について

フェイスブックを始めましたので「いいね」をお願い致します。