鶴岡市で受けられる効果の高い針治療の内容について|鶴岡市のエイト鍼灸整骨院
もう大丈夫です!
ご予約は今すぐ!
電話予約
友だち追加数

Blog記事一覧 > 鍼灸 > 鶴岡市で受けられる効果の高い針治療の内容について

鶴岡市で受けられる効果の高い針治療の内容について

2016.12.16 | Category: 鍼灸

鶴岡市には針治療を受けられる鍼灸整骨院が複数あります。

では効果の高い針治療の内容とはどのようなものでしょうか?

針治療についてご説明します。

 

・針治療に効果があると言われている理由

 

身体に針を刺して一体どんな意味があるのだろうと疑問に思われている方も少なくないでしょう。

なんとなく東洋医学だということは分かっていても、体調が良くなる仕組みが分からないと思います。

簡単に說明するなら針治療の目的は血行改善ということです。

例えば肩がこっている時には肩の部分の血行が悪くなっているために痛みなどが生じるようになります。

血行が悪くなるとその部分に乳酸が溜まってしまい、それが疲労という感覚になってしまいます。

ですから血行を良くしてあげれば肩のこりは解消されます。

針を刺すと刺された場所には傷ができます。

その傷は非常に小さいので見るのも難しいかもしれませんが、身体はこの傷を修復しようとしてその付近の血液の流れを良くしようとします。

これによってこりの周辺で血行が良くなり、血液の中に溜まっていた乳酸が運ばれて肩のこりは解消されるわけです。

 

・お風呂に入って血行回復させても良いのでは?

 

針治療は血行回復だと聞くとある方は、お風呂にじっくり入ることで血行が良くなるので肩こりも治るのではないかとおっしゃいます

本当にそうであれば針治療は不必要になりますね。

実際はどうでしょうか?

確かにお風呂に入ることで一時的に血行は良くなりますがこれには持続性があまりありません。

そのため風呂から上がりしばらく経つと根本的な原因が解決していないので肩は元に戻ってしまいます。

ですから針治療によってピンポイントで効果の続く治療を行なってもらうことが必要です。

 

・鶴岡市の鍼灸整骨院のレベル

 

先程も說明しましたが、針治療はピンポイントで血流を回復させる効果が期待されています。

肩がこっているとします。

その肩がこっている場所は肌表面に近いところでしょうか、それとも皮膚表面よりもずっと奥になるでしょうか?

針治療はこうしたこりの場所によって使う針を使い分けています。

ここに鍼灸師の実力が表れてきます。

知識や経験の少ない鍼灸師の場合には、単純にこっている部位や血流改善が必要な部位に同じような針を刺します。

しかしこっている場所の深さは異なっていますので、本来であれば針を刺す深さを調整しなければいけません。

 

鶴岡市にある鍼灸整骨院ではこうした変化をある治療を行なうだけの経験と知識のある方が多いので安心して治療を任せられます。

肩こり整体体験レポート

患者様からのお礼の声100件突破
信頼の改善率94%
TVや雑誌などのメディアに掲載されています

当院の推薦の声

大学病院の小山先生から推薦の声
この度、エイト鍼灸整骨院さんの三浦先生に施術をしていただき、以前より痛めていた肩の疼痛が改善し、非常に動かしやすくなりました。
さらに私は仕事(手術)で中腰になることが多いのですが、それにより抱えていた腰痛も改善したように思います。 整形外科医として先生方の施術の技量に感銘を受けた次第です。
また、施術中に患者様に対する三浦先生の考えをお聞きし、日夜施術の知識と技術を向上させるために努力なさっている様子を拝見し、非常に信頼できる先生だと感じました。
エイト鍼灸整骨院さんの患者様に対するお考えは、医師である私も考えるところが多く、非常に勉強になりました。
もしお身体の不調をお持ちの方がいらっしゃいましたら、エイト鍼灸整骨院さんで施術を受けることを推薦いたします。

このような方は当院へ

もし一つでも当てはまるものがある方は

年間15000人以上の施術実績

当院が選ばれる理由

他院との違い

3つの秘密

当院の治療の流れ

お約束

まずは無料相談をご利用ください

50%OFF

1750

保障について

万全のサポートに加え、安心の全額返金保証制度つき

予約について

当院へのアクセス情報

所在地〒997-0023山形県鶴岡市鳥居町21-11 メゾン鳥居102
駐車場4台あり
電話番号0235-23-3884 ※「HPを見て予約をしたいのですが」とお伝え下さい。
予約お電話・ネット及びLINEでのご予約が可能です。
休診日日、祝祭日
24時間365日無料メール相談・予約

予約について

フェイスブックを始めましたので「いいね」をお願い致します。