肩のインナーマッスルについて|鶴岡市のエイト鍼灸整骨院
もう大丈夫です!
ご予約は今すぐ!
ここをタップして電話をする
受付時間(月‐金)
9:00~13:00 / 14:30~20:30
友だち追加数

肩 インナーマッスル

肩のインナーマッスルを鍛えるとケガ防止に役立つのは本当なのか

肩が痛いと感じられると整骨院などに行かれる方も多いのですが、整骨院では肩の筋肉についての話を行う事が多いです。
人の肩の周りには色々な筋肉がありますが、この筋肉をスポーツで酷使する事によって炎症が起こり肩の痛みになってしまいます。
整骨院では、多くの場合、練習のしすぎを指摘したり、練習内容の変更をして肩を痛めないような投げ方をすること、インナーマッスル等を鍛える事をアドバイスされます。
インナーマッスルとは、身体の奥の方にある筋肉ですが人が動く際にとても重要な筋肉で、この筋肉を鍛えることでケガ防止や肩痛予防になるのです。

インナーマッスルを鍛えて肩のケガ防止をしよう

特に野球肩など、スポーツなどで起こってしまう肩痛は、投げ方などもそうですがインナーマッスルを鍛えることでかなり改善されます。
実際に、プロの野球選手でもインナーマッスルのトレーニングを行っている人がほとんどです。
行っていないという人がいないのではないかと思われる位です。
特に投手などは、インナーマッスルを鍛えケガや肩痛予防をする事の方が常識になっているのです。
肩の周りの筋肉は、棘上筋、棘下筋、小円筋、前鋸筋等がありますが、これらの筋肉を鍛える事でケガ防止はもちろん普段の練習にも役立ちます。
トレーニングチューブやバーベルなどを使ってインナーマッスルのトレーニングはできます。

本格的に行いたいならベンチプレスも良いですが、自宅でトレーニングするならばトレーニングチューブやバーベルで充分です。
練習もそうですが、いくらインナーマッスルを鍛えるためとはいえ無理をすると更に肩痛の原因になるのです。
良い指導者はインナーマッスルを鍛えるとケガ防止になる事を知っているので選手に鍛えることを指導することが多いです。
長くいい状態でスポーツを続けるためにはインナーマッスルを鍛えることは必須なのです。
違和感や肩痛がある時は絶対インナーマッスルのトレーニングも禁止ですが、ちょっとした時間を利用して行うだけでもかなり鍛えられます。



当院の推薦の声

このような方は当院へ

もし一つでも当てはまるものがある方は

当院が選ばれる理由

他院との違い

3つの秘密

当院の治療の流れ

お約束

保障について

50%OFF

1750

予約について

当院へのアクセス情報

所在地〒997-0023山形県鶴岡市鳥居町21-11 メゾン鳥居102
駐車場4台あり
電話番号0235-23-3884 ※「HPを見て予約をしたいのですが」とお伝え下さい。
予約お電話・ネット及びLINEでのご予約が可能です。
休診日日、祝祭日

予約について

フェイスブックを始めましたので「いいね」をお願い致します。