電話予約
友だち追加数

肩の前 痛み

肩前が痛むのは投球によるもの?予防するにはどうしたらいい?

肩の前の方の痛みを訴える人も結構います。
肩の前の方が痛いと、単なる肩コリだとシップを貼って我慢してしまう事が多いです。
しかし、投球等をするたびに痛いようならばそれは、肩の後ろの方にある棘下筋(きょくかきん)という
筋肉が痛んでいるかもしれません。棘下筋は、肩の後ろの方にあるのですが痛くなるのは肩の前の方です。

肩前の痛みは筋肉の痛み?予防できるのか

一説によると、肩の痛みの8割から9割がこの棘下筋が影響していると言われているのです。
スポーツなどで腕を後ろの方に引っ張ったり、投球等の過度な負荷をかけたりすると、この棘下筋を痛めてしまう事があります。
野球などの投球で肩を酷使することで棘下筋は痛くなりますが、高齢者等が肩をあまり動かさないで棘下筋が痛くなる事もあります。
過度に棘下筋を動かすのも良くないし全然動かさないのも良くないということになります。
この棘下筋を痛めない為には、やっぱり時間をかけてストレッチをするしかありません。
棘下筋の様な筋肉は、ほぐれていない時に激しい運動などをすると疲労物質が溜まりやすくなって炎症を起こしてしまいます。
しかし、十分すぎる位ストレッチなどをして普段から棘下筋を柔らかくしておくと肩の痛みも予防できます。
肩の前の痛みがある場合は、棘下筋が炎症を起こしているので行えませんが、痛みが無くなったら棘下筋を鍛えるのも肩痛予防になります。
横に寝た状態で軽めのバーベルを利き腕で上にあげて下さい。

無理するとまた棘下筋を痛めますので1日20回位で良いです。
プロの投手でも棘下筋を鍛えている人はたくさんいます。
ケガ防止と肩痛防止には必須のトレーニングなんです。
どんなスポーツでもそうですが、練習のみしていれば上手くなるかと言えばそうではありません。
中には、スポーツの練習よりもストレッチやケガをしない為の準備を入念に行う人もいる位です。
大切なのは勝敗よりも好きなスポーツを肩の痛みなど無く行えるかどうかなのです。
その為には棘下筋などを酷使しないよう注意しケガや痛みが無いようきちんと柔らかくしてあげて下さい。



肩こり整体体験レポート

患者様からのお礼の声100件突破
信頼の改善率94%
TVや雑誌などのメディアに掲載されています

当院の推薦の声

このような方は当院へ

もし一つでも当てはまるものがある方は

年間15000人以上の施術実績

当院が選ばれる理由

他院との違い

3つの秘密

当院の治療の流れ

お約束

まずは無料相談をご利用ください

71%OFF

980

保障について

万全のサポートに加え、安心の全額返金保証制度つき

予約について

当院へのアクセス情報

所在地〒997-0023山形県鶴岡市鳥居町21-11 メゾン鳥居102
駐車場4台あり
電話番号0235-23-3884 ※「HPを見て予約をしたいのですが」とお伝え下さい。
予約お電話・ネット及びLINEでのご予約が可能です。
休診日日、祝祭日
24時間365日無料メール相談・予約

予約について

フェイスブックを始めましたので「いいね」をお願い致します。