関節ねずみの重度を知りたい方は当院へ|鶴岡市のエイト鍼灸整骨院
もう大丈夫です!
ご予約は今すぐ!
ここをタップして電話をする
受付時間(月‐金)
9:00~13:00 / 14:30~20:30
友だち追加数

関節ねずみ 重度

関節ねずみによって重度の障害が残ってしまうことはあるのか

関節ねずみは、成長期の少年などに起こりやすい関節部分の症状です。
スポーツの際に、ぶつけたり、練習のしすぎで軟骨や骨が剥離し関節内を移動して痛みを伴うものです。
関節ねずみの症状が出るか出ないかの段階で整形外科等の病院にいけば、かなり治療期間が短くなり悪化を防ぐ事ができます。

重度の障害になるかもしれない関節ねずみ

しかし、関節ねずみの症状が進行してしまうと整形外科に行った段階で手術といわれてしまうこともあります。
レントゲンでは、1個か複数の骨のかけらが映っています。
この骨が関節の中を移動して痛みを起こしたりするのです。
膝関節では関節ねずみが原因で水が溜まることもあり、何度も繰り返すようになる事もあるのです。
症状によっては、皮膚の上から剥がれた骨を触る事ができるようなこともあります。
膝等では半月板などを損傷してしまう事もあり、障害を残してしまう事もあって簡単に考えていると後で大変な目に合います。
膝や肘、足首等の関節部分は人の体の中でも体を動かす為に必要な特に重要な部分です。
関節ねずみで命を落とすような事はありませんが、膝や足首の場合、症状によっては歩行が難しくなる事もあります。
手術して骨のかけらをとってしまえば症状がかなり良くなる事もあります。

しかし、手術前の様な状態に戻れないような事もあり、歩行自体ぎこちなくなってしまう事もあります。
野球や他のスポーツで関節ねずみになってしまった場合、障害が残って全力投球や走るのが難しくなることもあります。
成長期は、体もどんどん身長や体重が増えたりしますが、この時の関節ねずみの状態は良くない状態です。
その為、治療には人により半年から1年かかる事もありますし、重度の後遺症を残す事もあります。
今まで野球部のエースだったけど、関節ねずみの性で野球ができなくなる可能性もありますので、気を付ける必要があります。
ちょっとした違和感でも感じるようならば関節ねずみを疑ってすぐ医師の診断を受けて下さい。



当院の推薦の声

このような方は当院へ

もし一つでも当てはまるものがある方は

当院が選ばれる理由

他院との違い

3つの秘密

当院の治療の流れ

お約束

保障について

50%OFF

1750

予約について

当院へのアクセス情報

所在地〒997-0023山形県鶴岡市鳥居町21-11 メゾン鳥居102
駐車場4台あり
電話番号0235-23-3884 ※「HPを見て予約をしたいのですが」とお伝え下さい。
予約お電話・ネット及びLINEでのご予約が可能です。
休診日日、祝祭日

予約について

フェイスブックを始めましたので「いいね」をお願い致します。