関節ねずみの治療なら野球専門治療院の当院へ|鶴岡市のエイト鍼灸整骨院
もう大丈夫です!
ご予約は今すぐ!
ここをタップして電話をする
受付時間(月‐金)
9:00~13:00 / 14:30~20:30
友だち追加数

関節ねずみ 治療

関節ねずみはどう治療するの?手術などの治療方法について

特に成長期の少年に多いと言われているネズ、関節の使いすぎで軟骨や骨が剥離し関節内を移動して他の箇所を傷つけてしまうかもしれない状態です。
そんな関節ネズミになってしまったら治療などはどうなるのか心配です。
最初に間違えないで頂きたいのは、関節が痛くて骨折などで無いなら原因が良く判りませんので整骨院などではなく整形外科に行って下さい。
整骨院では検査はできませんが、整形外科なら医師もいますし、しっかり検査を行ってくれレントゲンもとってくれます。
関節ネズミでも剥離した軟骨などが大きいとレントゲンにはっきり映りますので原因が特定されます。
剥離した軟骨が小さい場合、よくレントゲンに移らず見落とされる事もありますので、できればスポーツ診療科がある整形外科に行って下さい。
レントゲンなどで診断がつかない場合はMRIなどで詳しく検査が行われる場合もあります。

原因が解りにくい場合もあるのか?

そこまで必要無いという人もいるかもしれませんが、原因が特定できないと正しい治療が行えません。
しっかり検査して関節ネズミという診断が出たら治療になります。
関節ネズミでも症状が軽い場合や軟骨などのかけらが小さい場合、様子を見るような事もあります。
中程度や重症で剥離したかけらが大きかったり関節部分の重要な場所まで移動しているようならばすぐ手術ということもあります。
特に膝などの場合、関節ネズミで剥離した骨が半月板を傷つけてしまう事があります。
関節が思うように動かせない場合も同じくすぐ手術という事があります。
関節ネズミで行われる手術は、昔ながら手法で切開をして骨片を取り除くような物もあります。

しかし、現在一般的なのは光ファイバーやカメラを使った手術です。
節鏡視下手術といって、小さなカメラで膝の中の様子を見ながらかけらを取り除きます。
メスなどの切開手術より患者さんへの負担が軽く、手術時間も1時間ほどと短いので入院日数も少ないです。
それでも膝の手術ですから、スポーツは術後数カ月厳禁の場合が多いです。
骨の変形や後遺症を残す思いを考えたら、子供の頃の数カ月は重要な休養期間なんです。



当院の推薦の声

このような方は当院へ

もし一つでも当てはまるものがある方は

当院が選ばれる理由

他院との違い

3つの秘密

当院の治療の流れ

お約束

保障について

6/30(金)

50%OFF

1750

予約について

当院へのアクセス情報

所在地〒997-0023山形県鶴岡市鳥居町21-11 メゾン鳥居102
駐車場4台あり
電話番号0235-23-3884 ※「HPを見て予約をしたいのですが」とお伝え下さい。
予約お電話・ネット及びLINEでのご予約が可能です。
休診日土日、祝祭日

予約について

フェイスブックを始めましたので「いいね」をお願い致します。