関節ねずみと野球の関係から治療法を考え治療します|鶴岡市のエイト鍼灸整骨院
もう大丈夫です!
ご予約は今すぐ!
ここをタップして電話をする
受付時間(月‐金)
9:00~13:00 / 14:30~20:30
友だち追加数

関節ねずみ 野球

野球をしていて関節ねずみを発症するタイミングや注意ポイント

成長期の子供さんで野球は人気のスポーツですが、スポーツをしているならケガや故障はつきものです。
しかし、できれば関節ネズミなどにはなってほしくないと思うのが親心です。
そんな関節ネズミも、発症する仕組みや発症するのを防ぐポイントをつかんで注意すればかなり防ぐ事ができます。
関節ネズミの発症は、ほとんどが練習のしすぎで起こります。

野球で関節ネズミにならない為の注意点

練習中もできるだけ肘に負担をかけない投球フォームを行うよう心掛けて下さい。
肘が下がるような投球フォームは肘に負担をかけ関節ネズミの原因にもなります。
コーチなどに見てもらって早い段階で改善すると良いです。
小学生のうちなら高学年のレギュラーなどになると張り切って練習が多くなり関節ネズミになってしまう事があります。
中学や高校等でもレギュラーになるかならないかのタイミングで関節ネズミを発症する子が多いので気を付けて下さい。
部活動やクラブチームなどの練習は1日3時間程度と決めておき、それ以上は肘に負担をかけない様にする事が重要です。
例えば、熱心に自宅でバッティングの練習をする子供さんもいますが、ストレッチやランニングなどを行って下さい。
肘部分にダメージがかかるバッティングや投球練習は、やればやるほど故障の原因になってしまいます。
それよりも体を柔らかくするストレッチの方が関節ネズミの予防にもなりますし、全体的な身体能力向上に繋がります。

無理しない程度のランニングなども自宅練習ではおススメです。
運動をたくさんしたらたくさん食べる事も練習だと思って下さい。
消化が良く、疲労回復ができる、野菜や魚などを中心とした食事で関節ネズミも予防できます。
関節ネズミを発症しない為の注意ポイントとしては、普段から関節を柔らかくするように気を付ける事です。
ちょっとの休憩時間でもストレッチをする事はできますので積極的に行って下さい。
また、もし肘などに違和感や痛みを感じるなら我慢せず早く治療することが早く治るポイントとなります。



当院の推薦の声

このような方は当院へ

もし一つでも当てはまるものがある方は

当院が選ばれる理由

他院との違い

3つの秘密

当院の治療の流れ

お約束

保障について

50%OFF

1750

予約について

当院へのアクセス情報

所在地〒997-0023山形県鶴岡市鳥居町21-11 メゾン鳥居102
駐車場4台あり
電話番号0235-23-3884 ※「HPを見て予約をしたいのですが」とお伝え下さい。
予約お電話・ネット及びLINEでのご予約が可能です。
休診日日、祝祭日

予約について

フェイスブックを始めましたので「いいね」をお願い致します。