ひじを伸ばすと痛みが出てしまう方の治療法|鶴岡市のエイト鍼灸整骨院
もう大丈夫です!
ご予約は今すぐ!
ここをタップして電話をする
受付時間(月‐金)
9:00~13:00 / 14:30~20:30
友だち追加数

肘 伸ばす 痛み

肘を伸ばすと痛みが走る場合は野球をしてもいいのか?

野球をしていて肘が痛くなってしまった場合、それは野球肘と呼ばれる肘の痛みです。
野球肘は、主に練習のし過ぎなどで起こる肘の疾患で小中高校生位に起こることが多いです。
昔は、練習すればするほど野球が上手くなるからと無理な練習をさせてきたのですが、現代は違います。
野球の指導者などはケガをいかにさせないようにして練習させるかが評価されるポイントになっているのです。
その為、無理をさせないことが多いのですが、知識が無かったり選手自身が自主練習などで無理をすると野球肘になります。
野球をしている時に肘が痛くなるようならその時点で休息した方が無難です。

野球肘の場合、練習を休んでアイシングをしたり、無理に動かさない方が一番の治療になるのです。
早い段階で野球肘の治療を始めると治療に時間もお金もかかりません。
野球肘も初期段階の痛みなら数週間から1ヶ月程で完治します。
野球肘が重症になってしまっている場合は、3ヶ月以上たっても痛みが取れないことがあるのです。
痛みを抱えたまま我慢して続けてしまうと手術しないと治らないようなことになってしまいます。
そうなってしまうとしばらく野球はできなくなるんです。
例え手術をしても治療によっては後遺症のようなものが残ることもあります。

やはり身体が完成していない子供は危険です

特に小学生などの段階で野球肘になってしまうと後の人生に影響を与えてしまうことがありますので気を付けて下さい。
肘の痛みがなくなった後もすぐに野球をするのは良くない場合もあります。
整体院や整形外科では、特に成長期の子供の野球肘は無理をさせないのが鉄則になっています。
後で野球ができない思いをすれば今我慢してしっかり治すのが大切なんです。
指導者やお使者さんなどによっては野球肘予防のためにインナーマッスルを鍛えるよう言われるかもしれません。
しかし、ストレッチも筋トレも野球肘の痛みが無くなってから少しずつ行うようにして下さい。
痛いうちはストレッチなども悪化する原因になりますので控えてください。



当院の推薦の声

このような方は当院へ

もし一つでも当てはまるものがある方は

当院が選ばれる理由

他院との違い

3つの秘密

当院の治療の流れ

お約束

保障について

50%OFF

1750

予約について

当院へのアクセス情報

所在地〒997-0023山形県鶴岡市鳥居町21-11 メゾン鳥居102
駐車場4台あり
電話番号0235-23-3884 ※「HPを見て予約をしたいのですが」とお伝え下さい。
予約お電話・ネット及びLINEでのご予約が可能です。
休診日日、祝祭日

予約について

フェイスブックを始めましたので「いいね」をお願い致します。