電話予約
友だち追加数

産後ボディケアを徹底すれば老化を防ぐ事も可能なの?

2018.04.16 | Category: 未分類

最近はママさんタレントが活躍していますし、ママモデルもSNSで活躍しています。
若々しく綺麗なママを見ていると、よっぽどスペシャルなケアをしていると思ってしまいますね。


ですが、特別なケアをするよりも大事なことがあります。
そのポイントを押さえておけば、老化を防ぐことも可能です。

 

 

・若々しさを保つためには

 

老化を防いで若々しいママになるには、産後のボディケアがポイントです。
産後ボディケアといっても、範囲が広すぎて何をしていいか分からないという方もいるかもしれませんね。
確かに産後ボディケアだけではざっくりしています。

 


産後ボディケアというのは、簡単にいうと出産によって変化した部分をケアすることです。
逆に言えば、変わっていないのであればケアの必要はありません。
ですが、骨盤やバスト、肌など産後の変化はどこかに現れます。
その部分を集中的にケアすれば、老化を防ぐことができるのですね。

 

 

・忙しくてケアする暇がないという方へ

 

育児というのはとても大変で、今まで自分のために使えていた時間も削らなくてはいけません。
じっくりお肌をケアしたり、体のために運動をしたりする時間も取れなくなります。
そんな中で、産後ボディケアを徹底するのは難しいと感じる方も多いでしょう。

 


ですが徹底と言っても、いろいろなケアをすべて行うということではありません。
自分がケアしたい部分に効果のあるマッサージやエクササイズ、ストレッチなどできることだけやれば大丈夫です。
ただ一つ守るのは毎日続けることです。
どんなケアでも続けないと効果が出ませんから、1つだけでもいいので取り入れやすいケアを毎日続けてください。

 

 

・若さのポイントは骨盤

 

出産の影響がずっと続くのは骨盤の状態です。
例えば、肌は女性ホルモンの分泌量が安定すれば元に戻っていきますし、体重も多少は自然に落ちます。
しかし骨盤の状態は、産後のボディケアによって改善されるか歪むかが決まってしまいます。

 


骨盤が歪んでしまうと、代謝が低下して太りやすい体になったり、自律神経が乱れてメンタルが不安定になります。
血液やリンパの流れも滞るため、肌トラブルが起こりやすくなったり、ターンオーバーサイクルも遅くなり老化が進行します。
どんな女性でも、産後は骨盤が開いたり歪んだりするので、どこをケアしようか迷ったら、まずは骨盤をケアしましょう。

 


一部位だけでも産後ボディケアをすれば、体のあらゆる部分の老化を防ぐ効果が期待できます。

忙しい育児をしていると、自分のケアはどうしても後まわしになってしまいます。
ですが子供が大きくなったときに綺麗なママでいるには産後ボディケアが必須なので、一つだけでも徹底してケアを続けてみましょう。

産後ボディケアを考えた紫外線対策の基本についてご紹介

2018.04.16 | Category: 未分類

妊娠から出産、産後までは女性ホルモンの分泌量がめまぐるしく変化します。
これは赤ちゃんを無事に育てるために必要なことなのですが、女性ホルモンは女性の体に大きく影響を与えます。


その影響は肌にも現れるもので、産後はメラニン色素が出来やすくなります。
産後ボディケアでは紫外線対策も必要ですから、その基本をご紹介しましょう。

 

 

・美白化粧品は無添加のものを

 

紫外線対策をする上で欠かせないのが美白化粧品ですね。
美白化粧品は、できてしまったメラニン色素にアプローチするものと、メラニン色素の生成を防ぐものがあります。
紫外線を完全にカットするのは難しいので、メラニン色素の生成を抑制するタイプの美白化粧品を使うのはマストです。

 


ここで気をつけたいのが添加物です。
産後のお肌は刺激に対して敏感になっているので、添加物のせいでトラブルが起きる可能性があります。
普通なら大丈夫だとしても、産後の紫外線対策として美白化粧品を使うときには、無添加のものを選ぶのが基本です。

 

 

・メイクをしなくても日焼け止めは必須

 

産後は、赤ちゃんに頬ずりしたり、赤ちゃんがママの顔を触ったりするのでメイクをしないという方も多いでしょう。
最近は化粧下地に日焼け止めが入っているものがあります。
これに頼りきっていると、メイクをしないときは日焼け止めを塗り忘れてしまうかもしれません。

 


ですので、メイクをしないときでも日焼け止めを塗るのを忘れないようにしましょう。
そんなの当たり前と思うかもしれません。
ですが、忙しい育児中は乳液やクリームで仕上げて終わり、ということもあるので意識して日焼け止めを使ってください。

 

 

・野菜をたっぷり食べましょう

 

最近は、飲む日焼け止めと言われる紫外線対策サプリメントが人気ですね。
こういったサプリメントは、お出かけ前に飲むだけで紫外線の影響を防いでくれます。

 


しかし授乳中の場合は、安全と言われるサプリメントであっても、不要なものはできるだけ摂取しないのがベストです。
ですが、メラニン色素は体内で作られるものですから、やはり内側からのケアも必要です。
野菜に含まれるビタミンやミネラルには、肌機能を高めてくれる効果があります。

 


また紫外線によるダメージを回復させたり、メラニンの合成を防いだりする働きを持つ成分も入っています。
野菜なら美容にも健康にも良いので、積極的に食べましょう。

 

 

産後ボディケアはやることがいっぱいあるので、つい紫外線対策を忘れてしまうかもしれません。
ですが産後はメラニン色素が大量にできやすいですから、うっかりするとシミだらけなんてこともあります。
いつまでも綺麗なママでいるためにも、紫外線対策の基本はしっかり守りましょう。

産後ボディケアのためには保湿が大切?化粧水選びも重要

2018.04.16 | Category: 未分類

産後は体にいろいろな変化が起きるので、初めて経験するトラブルなどもあるでしょう。
そんな時は何をすればいいのか、迷ってしまうママも多いかもしれません。


本来ならトラブルの原因を突き止めて、それを改善するためのケアを行いますが、産後はそんな暇もないですね。
もし何から始めたらいいか分からない時は、まず保湿で産後ボディケアをしてみましょう。

 

 

・保湿が大切な理由

 

肌というのは、水分を保持することであらゆる機能を正常に働かせています。
肌細胞の再生を行うターンオーバーは、傷の修復やトラブルを回復させるための機能です。
真皮層に存在する線維芽細胞は、コラーゲンやエラスチンなどを合成する機能を持っています。

 


表皮のバリア機能は、外部の刺激から肌を守ったり、水分を保持する役割をしています。
このように、肌にはあらゆる機能があり、それらが正常に働くことで健康を保てるのです。
その源と言えるのが水分であり、水分保持をするのが保湿です。
ですので、産後ボディケアのためには保湿が大切なのですね。

 

 

・保湿は何をすればよい?

 

保湿ケアの基本は、乳液やクリームなど油分がたっぷり入ったアイテムでケアすることです。
こういったアイテムは、肌がべたついたり重たかったりするので省く方もいるかもしれません。
しかし、いくら化粧水や美容液で肌に潤いを与えても、油分で覆ってあげないと蒸発してしまいます。

 


確かにべたつき感があれば、乳液などは必要ないと思うかもしれません。
ですが、適切な量をしっかり馴染ませればべたつかないので、必ずスキンケアの最後は油分を使って保湿してください。
つけ方のポイントは、肌で温めることです。
適量を手に取り、手のひらに伸ばして温めたら、ハンドプレスしながら馴染ませると均等に保湿されます。

 

 

・化粧水選びも保湿には重要

 

美容の情報の中には、化粧水はほとんどが水分なので、どんな商品でも効果は同じという意見があります。
確かに、化粧水の役割は水分補給ですから、一見保湿には関係ないように思えますね。
ですが保湿というのは、肌の水分を保つことです。

 


いくら油分で水分保持機能をサポートしても、肝心の水分が肌になければ保湿できません。
また最近の化粧水には、角質層で保湿をするセラミドなどの保湿成分が含まれています。
こういった化粧水を選ぶとさらに保湿力が高まるので、保湿成分入りの化粧水を選ぶことも重要なのですね。

 

 

産後ボディケアは、1日でも早く始めることで効果が出やすくなります。
また、保湿に特化したケアをすれば、どんなトラブルにも対応出来る健康な肌が仕上がります。
育児に集中するためにも、保湿でトラブルのない肌を目指しましょう。

産後の肌はどう変化するの?バリア機能低下とターンオーバー

2018.04.16 | Category: 未分類

出産してから肌のトーンが暗くなった、くすみが目立つようになったなどトラブルの悩みを抱えるママは少なくありません。
妊娠から出産まで、女性の肌の状態というのは変化をします。


ここでケアを怠ってしまうと、肌機能が衰えてしまうので注意しましょう。
肌に合ったケアをするためにも、産後の肌の変化を知っておきたいですね。

 

 

・産後の肌はバリア機能が低下する

 

女性の肌の潤いを保つ水分保持機能は、角質層に存在するセラミドの働きによって維持されています。
また、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの成分も潤いを保つ役割をしてくれます。
ですがもう一つ、女性ホルモンのエストロゲンも関係しているのです。

 


エストロゲンは女性の肌に潤いを与えてくれるので、これらの保湿によってバリア機能が保たれます。
しかし産後はエストロゲンの分泌量が安定しないため、保湿力が弱まってしまいます。
するとバリア機能が低下するので、刺激に対して弱い肌になってしまうのですね。

 

 

・ターンオーバーサイクルが狂ってしまう

 

肌の潤いはバリア機能だけではなく、ターンオーバーのサイクルを正常化するためにも必要です。
肌の基底層では、日々新しい細胞が作られています。
この肌細胞が角質層まで押し上げられ、古い角質と入れ替わることで肌は健康な状態を保ちます。
これがターンオーバー機能で、一定の周期で行われることでダメージを受けた肌も再生されるのです。

 


ターンオーバーサイクルが狂うと、古い角質が残ってしまい、肌の状態も回復しません。
水分が不足してしまうと、ターンオーバーがスムーズに行われなくなり、トラブルが起こりやすくなるのです。

 

 

・肌機能を回復させるには?

 

バリア機能が低下したりターンオーバーが遅れたりすると、あらゆる肌トラブルの原因になります。
いつも使っている基礎化粧品でも刺激を受けてしまい、肌荒れを起こすかもしれません。

 


今までできなかった吹き出物ができたり、シワやたるみなどのエイジングサインが出ることもあります。
このような状態にならないためにも、バリア機能やターンオーバーを正常化しましょう。

 


そのために一番必要なのは保湿です。
保湿をして肌の水分保持機能を高めれば、皮脂の分泌量も安定してバリア機能がアップします。
ターンオーバーも正常に行われるようになるので、保湿ケアを徹底するのがおすすめです。

 

 

産後は、赤ちゃんのお世話で忙しいので、自分のお肌に構っている暇はないかもしれません。
ですが育児中は食事も不規則なりますし、寝不足などで肌に負担をかけやすい環境になってしまいます。
しっかりスキンケアをする時間はないかもしれませんが、保湿をメインにケアしていきましょう。

骨盤の歪みを解消できるエクササイズやストレッチで産後ボディケア

2018.04.16 | Category: 未分類

骨盤の歪みを解消する方法はいろいろありますが、自分で矯正したいならエクササイズやストレッチが効果的です。
これらの方法は即効性こそないものの、毎日続けることで骨盤の歪みの解消につながります。


本来なら整骨院やジムで行うのが理想的ですが、忙しい育児中には難しいですね。
ここでは、育児の合間にできるエクササイズやストレッチをご紹介していきます。

 

 

・手軽に続けられる骨盤エクササイズ

 

骨盤矯正エクササイズにもいろいろな種類がありますが、まずやっておきたいのが骨盤を正しい位置に戻すことです。
位置がずれたままエクササイズをしても効果が出にくいので、正しい位置に戻すエクササイズを行いましょう。
仰向けに寝転がったら、膝が90度になるように曲げたら、左右交互に足を倒します。

 


骨盤の歪みの度合いによっては倒しにくいかもしれませんが、ゆっくり腰周りの筋肉を伸ばすイメージで3分間続けましょう。
骨盤を正しい位置に戻したら、もう一つエクササイズを頑張りましょう。

 


足を肩幅より少し広めに開いたら、腰に手を当てて、ゆっくりと8の字を骨盤で書くイメージで動かしてください。
最初はうまく腰が回りませんが、しっかり8を書くように動かすのがポイントです。
これを1日20回行いましょう。

 

 

・プラスαのストレッチで効果アップ

 

体の内部にある骨盤をストレッチするには、まず仰向けに寝転がります。
足を腰幅ぐらいに開いたら膝を立てて、かかとがお尻につくぐらいまで寄せましょう。
手は斜めに体の横に伸ばして、手のひらは下に向けてください。

 


その姿勢を保ったまま、骨盤だけを天井に向かってぐっと持ち上げます。
持ち上げたまま10秒から20秒キープしたら、ゆっくり腰を下ろしていきましょう。
このストレッチはダイレクトに骨盤を伸ばせるので、エクササイズの効果を高めてくれます。

 

 

・どれぐらい続ければ良いの?

 

エクササイズやストレッチは、1日2日で効果が出るものではありません。
ですが、毎日きちんと続けていけば、1日で行う回数が少なくても骨盤を矯正する効果が得られます。
効果が実感出来るまでの期間は個人差がありますが、早ければ1ヶ月、3ヶ月続ければ確実に実感できるようです。

 


ただし効果があったからといって止めてしまうと、また歪んでしまいます。
骨盤は日常生活の活動でも歪むものなので、継続して行っていくことが産後のボディケアにつながります。

 

 

ただし、エクササイズでもストレッチでも、腰に痛みを感じたら無理はしないでください。
もともとこういった運動は、正しい指導のもとで行う必要があります。
間違ったやり方や過度な負担をかけてしまうと悪化する恐れもあるので、ゆっくり無理をせず行いましょう。

産後ボディケアに効果が期待できる骨盤ベルトの特長

2018.04.16 | Category: 未分類

出産によって骨盤が歪むのは、ある程度はしょうがないことです。
ですが、歪んだままにしておくと健康や美容に悪影響を及ぼすので、すぐに改善を始めましょう。


と言っても産後はなかなか自分のケアをする時間がありませんね。
そんな時は、産後ボディケアに効果が期待できる骨盤ベルトを活用してみるといいかもしれません。

 

 

・骨盤ベルトの特長

 

骨盤矯正アイテムはいろいろありますが、それぞれに骨盤のサポートの仕方が異なります。
そのため、使用するアイテムによって効果も異なるのですね。
骨盤ベルトの特長は、他のアイテムと比べて装着が簡単というところです。

 


商品によって違いはありますが、基本的に骨盤周りに巻きつけるだけなので、手軽に着脱できるようになっています。
歪んだ骨盤を長時間固定していると、どうしても体に負担がかかります。
もちろん歪みを矯正するにはできるだけ装着しているのがベストですが、それでもちょっと外したくなる時があるでしょう。
骨盤ベルトならすぐに外せますし、一休みしたら装着できるので、無理なく矯正できるのも特長と言えますね。

 

 

・骨盤ベルトはどう使うの?

 

骨盤ベルトは、産後すぐに使うことができます。
出産してからしばらくの間は、特に骨盤が開いているので骨盤ベルトで固定するのはとても効果が高いです。
育児をしているときは、重力の負担が大きいので骨盤ベルトで支えてあげるのが一番です。
ですので、体に負担を感じなければ、寝ている間もお風呂に入っている間も使って大丈夫です。

 


ただしずっと骨盤ベルトでサポートしていると、腰周りの筋力が低下します。
いずれは自分の筋力で骨盤を正しい位置に保てるようにならなくてはいけません。
そのためにも、産後2ヶ月を過ぎたら少しずつ装着する時間を減らしましょう。

 

 

・自分に合ったタイプを選びましょう

 

骨盤ベルトと一口に言っても、素材や形などいろいろなタイプがあります。
メッシュタイプは固定力が若干劣るものの、通気性が良いので、着けていても不快感がありません。
ベルトが二重になっているタイプは、固定力が強いですから、脂肪がついている方でもベルトがずれにくくなります。
最近では、レース素材で作られているものもあります。

 


どのようなタイプでも自分が使いやすく、体にしっかりフィットするものがベストです。
ただしデザイン重視のものは効果が低いので、サポートなど機能重視で選んでください。

 

 

骨盤ベルトは、ダイエット効果があることでもよく知られていますね。
産後の体は肥満も気になるところですから、うまく活用すれば骨盤矯正とダイエットのダブル効果が期待できます。
また、骨盤を支えることで腰痛の予防改善にもなるので、産後ボディケアにおすすめです。

産後ボディケアでも特に重要な骨盤の歪みによる影響とは

2018.04.16 | Category: 未分類

無事に赤ちゃんが産まれ、重たいお腹から解放されたとしても、産後の女性には違う悩みが始まります。
その悩みとは、たるんだお腹やボディラインの崩れ、そして骨盤の歪みです。


ただ骨盤が歪んでいるとしても、どのような影響が出るのか分からない方もいるでしょう。
歪みによる影響を知ることは、産後の体をもっと丁寧にケアしようというきっかけになるかもしれません。

 

 

・骨盤が歪むとどうなる

 

骨盤は、足の付け根の少し上にある腰骨の部分からつながっていて、お腹の深部で内臓器官を支えています。
ちょうど体の中心に存在していて、上半身と下半身をつなぐ役割もしています。

 


骨盤の周りには血管や神経、リンパ管なども通っているので、正しい場所に位置することで、これらの器官の働きもサポートしています。
このように、あらゆる働きを持つ骨盤が歪むと、筋肉のバランスが崩れます。
腰周りの筋肉のバランスが崩れると、血液やリンパの流れが悪くなったり神経が圧迫されます。

 


さらに、歪んだ状態では内臓器官を支えることもできなくなります。
そのため内臓が下垂してしまい、機能が正常に働かなくなるなど、健康維持が難しい状態になるのですね。

 

 

・骨盤の歪みによる影響とは

血管やリンパの流れが悪くなると、まずは代謝が低下します。
代謝には細胞の再生などを行う新陳代謝や、生活活動で使われるエネルギーとなる基礎代謝があります。

 


このように、体の健康を保つ働きをしてくれる代謝が衰えると、体内老化が進行します。
また脂肪燃焼効率が悪くなったり、エネルギーの消費が減少するため、太りやすい体質にもなってしまいます。

 


さらに内臓が下垂すると、皮下脂肪がつきやすくなります。
つまり健康にも美容にも悪影響を与えるのが骨盤の歪みなのです。

 

 

・骨盤の歪みを確かめる方法

 

骨盤が歪んでいるかは、普通の状態ではなかなか自覚できません。
また、歪みの度合いというのも分からないですね。
正確に判断するためには整形外科でレントゲンを撮ってもらうのが一番ですが、自分でも簡単にチェックできます。

 


まず歪んでいるかどうかのチェック方法は、目を閉じて片足で立ちます。
そのままの状態で10秒以上立ち続けられれば、骨盤が歪んでいる心配はありません。
ですが、10秒間片足立ちができなかったり、続けられたとしてもぐらぐらしたり片足をついてしまう場合は歪んでいる可能性があります。

 

 

骨盤の歪みを放っておくと、年齢を重ねるほどに体への影響が大きくなります。
また、ダイエットなどをしても効果が出にくくなってしまいます。
そうなる前に、自分のライフスタイルに取り入れやすい骨盤矯正方法で歪みを解消していきましょう。

産後の妊娠線を消すことができる手術の方法と受け方について

2018.04.16 | Category: 未分類

セルフケアではどうにもならない場合、妊娠線は諦めるしかないと思ってしまうかもしれません。
ですが、妊娠線というのは手術でどうにかできる可能性があります。
ここでは産後の妊娠線を消すことができる、手術の方法や受け方についてご紹介します。

 

 

・妊娠線を消す手術とは

 

広範囲に妊娠線ができていたり、皮膚のたるみの度合いが酷い場合は、物理的に取り除くしかありません。
これが妊娠線を消す、腹部リダクションという手術になります。

 


この手術は、妊娠線だけに適用されるものではありません。
何らかの原因で皮膚が酷くたるんでしまい、そのせいで生活クオリティが低下してしまう方のために行われる手術です。
たるんだ部分の皮膚を手術で取り除くことで、その部位に現れている症状も改善できます。

 


ですので、妊娠線が出来ている上にお腹のたるみが酷い場合、腹部リダクションを行えば妊娠線を消すことができます。
ただし皮膚がたるんでいないと手術の適応にならないので、誰でも受けられるものではありません。

 

 

・手術以外で消せないの?

 

手術が適応にならない場合でも、医療機関で治療を行うことは可能です。
病院での治療方法としては、レーザー治療や炭酸ガス注入、ダーマローラーなどが挙げられます。
これらの治療方法はアプローチが異なるものの、どれもターンオーバーを促進して肌の再生を促す効果があります。

 


セルフケアと違い、肌の内部に直接働きかけて促進していくので、妊娠線を薄くする効果が期待できます。
と言っても、肌はすぐに再生されるわけではありません。
そのため医療機関の治療であっても、妊娠線の症状を緩和改善するためには、複数回治療を受ける必要があります。

 

 

・妊娠線の診察はどこで受ければ良い?

 

妊娠線は妊娠出産した人だけに現れる症状なので、どこを受診すればいいのか分かりにくいですね。
結論から言うと、皮膚に現れる症状ですから、皮膚科や美容外科などを受診するのが一般的です。
ただ、規模の小さい皮膚科では妊娠線の治療や手術は受けられないことがあります。

 


こういった皮膚科では、塗布薬などでの治療となるのであまり効果は期待できません。
ですので皮膚科を受診する場合は、あらかじめ電話で治療を行っているか問い合わせをしておきましょう。
美容外科の方が美容に特化した施術を行っているので、できれば美容外科での受診がおすすめです。

 

 

医療機関での妊娠線の治療や手術は、自己流で行うケアよりも改善効果が高いのは事実です。
ですが、医療機関といっても妊娠線の治療は保険が適用されません。
そのため治療費は高額になりますから、その点を踏まえて受診を検討するようにしてください。

妊娠線を消すことはできないの?おすすめの産後ボディケア用クリーム

2018.04.16 | Category: 未分類

妊娠線は、予防ケアをしておかないと、妊婦さんの半数以上にできると言われています。
妊娠線は真皮や皮下組織の損傷によってできるため、一度できてしまうと消すのが難しいのが実情です。
しかし頑張ってケアすれば消せることもあるので、産後ボディケア用クリームを使って改善していきましょう。

 

 

・クリームの役割

 

油分は肌に浸透しないので、油分が主成分のクリームは、美容への効果がほとんどないと考えられていました。
ですが近年では、肌トラブルの原因となる乾燥やダメージへの抵抗力の低下は、バリア機能の衰えだということが分かっています。
本来なら、肌は皮脂や汗などの成分が入った天然の保湿クリームで肌を守ります。

 


しかし肌の機能が低下すると、皮脂の分泌バランスが狂ったりセラミドが不足してバリア機能が保てなくなります。
クリームの油分は表皮に薄い油膜を張ることで、バリア機能が衰えた肌を守り、内部での回復作業をサポートする役割を持っているのです。

 

 

・産後ボディケア用クリームとは

 

普通のクリームでも、妊娠線が出来た部分の肌を守る働きはしてくれます。
しかし、妊娠線は真皮まで損傷しているので、バリア機能をサポートするだけではダメージを回復させることはできません。
産後ボディケア用クリームには、油分だけではなく美容成分が配合されているのが特長です。

 


商品によって使われる美容成分は異なりますが、ターンオーバーを活性化する効果を持つ成分が入っているのが基本です。
美容成分によってターンオーバーを促進しながら、さらに肌を守り、保水力を高める効果が期待できます。
このように、肌の生まれ変わりを促してくれるので、産後ボディケア用クリームは妊娠線の改善に効果的なのですね。

 

 

・おすすめの産後ボディケア用クリーム

 

妊娠線を消すためには、真皮の亀裂を改善しなくてはいけません。
真皮を構成している主成分はコラーゲンなので、コラーゲンの合成を促したり、コラーゲンの質を高める必要があります。
コラーゲンの合成や強化をしてくれるのは線維芽細胞です。

 


ですので、おすすめの産後ボディケア用クリームは、線維芽細胞を活性化する美容成分が入っているものになります。
線維芽細胞に働くのは、ビタミンC誘導体やレチノールなどの成分です。
また、プラセンタも効果的なのでこういった成分が入っている産後ボディケア用クリームを選べば、妊娠線の解消効果が期待できます。

 

 

妊娠線は放っておいても治りません。
逆に、ケアをしないと肌機能がさらに低下して状態が悪化することもあります。
産後ボディケア用クリームは機能の低下を防いでくれるので、1日でも早く使い始めることが妊娠線解消のポイントです。

妊娠線ができやすい人の特長と必要な産後ボディケアについて

2018.04.16 | Category: 未分類

妊娠をすると、どんどんお腹が大きくなっていきます。
これは胎児が成長している証ですから、ママにとっては嬉しい変化ですね。


ですが、お腹が大きくなるとその分妊娠線のリスクが高くなるので、喜んでばかりもいられません。
妊娠線は一度出来ると消えないと言われているので、できやすい人の特長や必要な産後ボディケアをしっかり学んでおきましょう。

 

 

・妊娠線ができやすい人の特長とは

妊娠線は、脂肪が急激に増えたり、胎児の成長でお腹が大きくなることでできます。
急激にお腹が大きくなると、皮膚が引っ張られてしまいます。

 


皮膚の一番上の表皮は柔軟性があるので、引っ張られても対応できるのですが、皮下組織は表皮ほど弾力がありません。
そのため皮膚を引っ張る力が強いと、コラーゲン線維などに亀裂が入ってしまい、その亀裂が透けて見えるのが妊娠線になります。
つまり、妊娠線ができやすい人は急激に体重が増えてしまったり、多胎妊娠だったり、乾燥肌などで皮膚に柔軟性がないというのが特長になります。

 

 

・妊娠線を予防するには

 

妊娠線は、絶対にできるものではありません。
しかし、できやすい人の特長に当てはまらないからといってできないというわけでもありません。
妊娠線が出来てしまってからケアしても遅いですから、まずは毎日の中で予防していきましょう。

 


まず一番重要なのは、急激に太らないようにすることです。
妊娠をすると食欲をコントロールするのは難しいですが、妊婦だからといって食べ過ぎないようにしてください。
また、肌の柔軟性を保つことも必要なので、保湿ケアもしっかり行いましょう。

 


特にお腹が大きくなってくると、見えない部分のケアが不足してしまいます。
お腹の下側にもたっぷりクリームを塗って、肌が乾燥しないようにしてください。

 

 

・産後ボディケアで必要なこと

 

産後のボディケアで必要なのは、妊娠線の予防とかぶりますが保湿ケアです。
肌細胞というのは、ターンオーバーによって再生されます。

 


ターンオーバーを促進して新しい肌細胞が生成されれば健康な肌になるので、妊娠線も目立たなくなります。
ターンオーバーに必要なのは充分な保湿ですから、産後ボディケアでもしっかり保湿をしましょう。
使うものは、妊娠線専用のものでも普通の保湿クリームでも構いません。

 


こまめに保湿をすることで、肌の再生が促進されて妊娠線の解消や緩和効果が期待できます。

 

妊娠線は、例えお腹の脂肪を落としても残ります。
普段は人に見られる部分ではありませんが、それでも温泉や海などで見えてしまうこともあるでしょう。
いつまでも綺麗なママを目指すなら、きちんとケアをして予防や緩和をしておきたいですね。

肩こり整体体験レポート

患者様からのお礼の声100件突破
信頼の改善率94%
TVや雑誌などのメディアに掲載されています

当院の推薦の声

このような方は当院へ

もし一つでも当てはまるものがある方は

年間15000人以上の施術実績

当院が選ばれる理由

他院との違い

3つの秘密

当院の治療の流れ

お約束

まずは無料相談をご利用ください

71%OFF

980

保障について

万全のサポートに加え、安心の全額返金保証制度つき

予約について

当院へのアクセス情報

所在地〒997-0023山形県鶴岡市鳥居町21-11 メゾン鳥居102
駐車場4台あり
電話番号0235-23-3884 ※「HPを見て予約をしたいのですが」とお伝え下さい。
予約お電話・ネット及びLINEでのご予約が可能です。
休診日日、祝祭日
24時間365日無料メール相談・予約

予約について

フェイスブックを始めましたので「いいね」をお願い致します。