Blog記事一覧|鶴岡市のエイト鍼灸整骨院
もう大丈夫です!
ご予約は今すぐ!
ここをタップして電話をする
受付時間(月‐金)
9:00~13:00 / 14:30~20:30
友だち追加数

椎間板ヘルニアについて鶴岡市の整体院院長が解説していきます!

2017.01.13 | Category: 腰痛

腰椎椎間板ヘルニアについて鶴岡市整体院院長が解説します

鶴岡市、庄内、鶴岡駅のエイト鍼灸整骨院でスピーディな腰痛改善

鶴岡市椎間板ヘルニアについて

腰椎と腰椎椎間板ヘルニアの関係

特異的腰痛症の代表格である腰椎椎間板ヘルニアについて理解し、

確実に鑑別できるようにしておきましょう。

腰椎椎間板ヘルニアの概要 腰椎椎間板ヘルニアは、

椎間板の髄核や線維輪が膨隆または脱出することにより、神経根や馬日神経を圧迫し、神経症状を引き起こす疾患です。

人口の1%が罹患し、手術患者は人口10万人あたり年間46.3人となっています。20~40歳代で好発し、男女比は2・1で男性に多いです。50代以上になると、椎間板が潰れてしまって髄核も扁平化してしまい、飛び出して神経を圧迫してしまうことが反対に少なくなります。そのため、高齢になるほど発症リスクが下がるのも特徴です。腰椎椎間板ヘルニアの発症要因として、重労働や喫煙の習慣が挙げられています。近年では、遺伝的要因の関与も報告されており、とくに若年者の発症ではその傾向が強いようです。また、急性腰痛症の既住が複数回ある場合が多く、その関係性についても指摘されています。 髄核や線維輪の変性については、椎間板内圧が高まる動作(中腰姿勢での作業や不良姿勢でのデスクワークなど)と深く関係していることがわかっているので、できる限りに負担のかかる動作は避けることが大切です。椎間板ヘルニアの好発部位はⅬ4/5、Ⅼ5/S1、Ⅼ3/4の順であり、とくに上位2つで全体の95%を占めています。したがって、まずはこれらの神経圧迫について調べていくと効率的です。髄核や線維輪が脱出している場所によって症状が異なるので、ポイントを押さえながら診断に当たると効率的です。

ヘルニアだから痛いといった誤解

健常者も3人に1人は椎間板ヘルニアを持っている 病院でMRIを撮影し、医師から「腰痛の原因が椎間板ヘルニア」と言われた方は、少し疑ってみてください。 無痛性のヘルニアは多い 腰痛のために病院を受診して、MRIを撮影した結果、その画像を見せられながら「ここのヘルニアが飛び出しているから痛いんですよ」と説明を受けたことがある方も多いかと思います。 しかし、健常者においても椎間板ヘルニアを認めるケースはとても多く、調査では無痛性椎間板ヘルニアがきわめて一般的な所見であることが明らかになっています。40歳代では、37%の明らかな椎間板ヘルニア、53%に椎間板膨隆、58%に線維輸断裂を認め、同様に症状を伴わない脊髄の変形も29%で認められたと報告されています。したがって、たとえ病院で椎間板ヘルニアや椎間板変性と診断されても、本当にそれで痛みが出現しているのかは大いに疑問が残ります。1-5節で述べたように、画像を見ただけで腰痛の原因を判断することはできないのです。 では、なぜ病院では画像所見が優遇されるかというと、MRIは料金が高いことと患者に対して説明しやすいといった利点があるからです。たとえ腰痛の原因がそこでなくても、「よくわからない」と答えるよりも格好がつきます。そんなことのためにと思った方もおられるかと思いますが、実際に現場ではそのような低いレベルで説明がなされることもあるのです。椎間板ヘルニアを確定するためには、神経学検査(知覚検査、筋力検査、反射検査など)を実施し、その結果がMRI所見と合致して初めて確定診断できるものです。簡単に画像だけで説明する医者は、安易に信じないほうがよいでしょう。

椎間板ヘルニアの分類と特徴

それぞれの特徴をおさえて痛みの種類を鑑別する 圧迫される部位によって引き起こされる症状が違うことを理解し、どこを圧迫しているかを予測しましょう。 3種類の椎間板ヘルニア 腰椎椎間板ヘルニアは、その突出した部位や状況によって、①正中型、②外側型、③穿破脱出型の3つに大別することができます。正中型ヘルニアは、他のヘルニアと比較して吸収されづらいため、治りにくいとされています。しかし、疼痛は自制内である場合が多く、経過観察をたどるケースが多いです。主な症状は腰痛で、脊髄を圧迫しているため、症状は下肢全体に及びます。排尿障害などが起きている場合は、早急に手術が必要となります。外側型ヘルニアは、一般的に吸収されやすいため症状が治まりやすい分類ですが、神経が絞扼されやすいため、顕薯な疼痛を訴えるケースが多いです。圧迫が強い場合は激痛を伴うため、痛みを我慢できずに手術に至る場合もあります。また、神経根を圧迫しているため、痛みや痺れは神経支配領域に限局して起こります。 穿破脱出型ヘルニアは、これまで神経を圧迫していた髄核が後縦靭帯を突き破って外に飛び出してしまうので、穿破した後は痛みが減少します。飛び出した髄核は吸収されやすいため、その後は症状が緩解するケースが多いです。しかし、場合によっては飛び出したヘルニアが詰まってしまい、下半身に麻痺を引き起こす重篤なケースもあります。 ヘルニアはマクロファージなどの免疫細胞による分解作用によって消失するとされており、この反応はとくに髄核で強く起こります。

鶴岡市の整体院エイト鍼灸整骨院では鶴岡市の皆様の目線に立ち親身にお話を聞き一番合った施術方法を提供していきます。これからも鶴岡市の皆様に選ばれる院を創っていきたいと思います!

 

施術の流れ

エイト鍼灸整骨院では高齢の患者さまも非常に多く治療を受けられますので、ご来院に不便の多い患者さまのために無料送迎サービスをご提供しています。
事前のご予約が必要ですのでどうぞお気軽にお電話ください!

患者様の声

21

腰痛の種類について鶴岡市の整体院院長が解説いたします!

2017.01.13 | Category: 腰痛

腰痛の種類について鶴岡市整体院院長が解説いたします。

鶴岡市、庄内、鶴岡駅のエイト鍼灸整骨院でスピーディな腰痛改善

腰痛の種類について特異的腰痛症と非特異的腰痛症

それぞれにどのような障害が含まれているか腰痛を引き起こす障害は様々です。

まずは具体的にどのような障害が存在するか理解しましょう。

腰痛を引き起こす原因 腰痛の85%が非特異的腰痛症(原因の特定が困難)であることは説明しました。

非特異的腰痛症の中には、

①椎間板症、

②椎間関節障害、

③仙腸関節障害、

④筋筋膜性腰痛症、

⑤ぎっくり腰(腰椎捻挫、筋痙攣)、

⑥心因性腰痛

などが含まれています。

それぞれの特徴や鑑別方法については第三章より詳しく説明していきますが、

これらを見分けるためには、まずは特異的腰痛症を確実に鑑別する必要があります。

特異的腰痛症の中でも、

腰椎椎間板ヘルニア、

脊柱管狭窄症、

脊椎圧迫骨折

はとくに発症頻度が高いため、その詳細についても理解しておくことが大切です。

また、重篤な症状を引き起こす感染性脊椎炎やがんの脊椎転移、内臓疾患などのレッドフラッグサインについても鑑別できるようになる必要があります。

特異的腰痛症は主に医者が鑑別することになりますが、

そこで原因がはっきりとわからなかったものについては、

理学療法士などが中心に評価し、その原因を見つけていくことになります。

腰痛の原因は様々であり、それぞれが混ざり合って症状を複雑化している場合も多く見られます。

そのため、まずは問診で考え得る可能性を洗い出していき、

部位別に負荷を与えながら変化を聴取し、

原因の特定を行っていくことになります。

この作業は非常に重要で、非特異的腰痛症の原因部位を特定するためには、

患者の訴えが大きな手がかりとなります。

したがって、答えを誘導する質問は避けて、

正直な感想が言える環境作りに努めることが大切です。

施術の流れ

エイト鍼灸整骨院では高齢の患者さまも非常に多く治療を受けられますので、ご来院に不便の多い患者さまのために無料送迎サービスをご提供しています。
事前のご予約が必要ですのでどうぞお気軽にお電話ください!

患者様の声

21

「野球肘」痛みがないから大丈夫・・・その根拠は…?

2016.12.20 | Category: 野球肘

今まで肘が痛くなったことないんで大丈夫です!・・・の落とし穴

 

 

こんにちは!

エイト鍼灸整骨院 三浦です。

 

現在鶴岡市エイト鍼灸整骨院・整体院では、野球肘検査を小学生、中学生対象に無料で行っています。

 

12月のみで20名ほどの選手が野球肘検査を受けに来てくれました。

ありがとうございます。

 

 

しかし・・・

 

そこで発覚した事実・・・

 

「僕今まで肘痛くしたことないので大丈夫なんですけどコーチに行けって言われたので来ました」

 

という小学6年生の野球少年。

 

どれどれ・・・・

 

ん!?

 

「本当に今まで肘に痛みが出たことないの!?」

 

「そっかー・・・」

 

「お父さん。今は肘に痛みがないかもしれませんが、一度肘の精密検査受けてみませんか?」

「大丈夫かもしれませんがもしものために!!・・・」

 

検査を行った際に「あれ!?」と思うことがあったので野球肘専門のスポーツドクターを紹介させていただき、精密検査を受けていただきました。

 

結果・・・

hiji02

 

 

ちなみに正常の肘関節の画像

 o0800060011367571054

 

丸で囲んでいる部分が全く違います。

 

 

これが・・・

 

「関節ねずみ」

「離断性骨軟骨炎」

 

 

野球で一番恐ろしいといってもよい野球肘の症状です。

 

 

今回は野球肘検査を行ったことで早期に発見することができ、冬期間ノースローを行うことにより治るのではないかということで手術はしないで済みそうです。

 

 

野球肘検査を行ったおかげで野球人生を終わらせることなく済みました。

 

 

本当に良かったと思います。

 

 

これは今回に限ったことでなく、当院を受診してこられる患者様に少なくありません。

 

 

子供の人生を握っているのは大人です。

 

 

お仕事がお忙しくなかなか通院できないかもしれませんが、この機会に少しだけでもお時間を作っていただき、冬休み中に検査してみてはいかがでしょうか?

 

もちろん検査で何も以上がなかった場合でも、今後のストレッチ方法、ケア方法などをアドバイスさせていただきます!

 

是非お忙しいと思いますがこの機会に野球肘検査を受けてみてはいかがでしょうか!?

 

今月28日まで無料で野球肘検査をやらせていただいています。

 

この機会にぜひ検査をお願いいたします。

 

 

野球肘検査について

野球肘検診の目的は、成長期に投球によって起こる野球肘を早期に発見し正しい処置をすることで、野球肘で選手生命を奪われる子どもたちを減らすことにあります。

野球をやっていて当院に来院される患者さんは大変多くいます。その中で来院された時にはもう手遅れになってしまう患者様も少なくありません。

そこで、もうすでに関東では主流になりつつある野球肘検診を行うことによってできるだけ手遅れになる前に、早期発見し早期に治療を行っていくことを目的としています。

野球肘は痛みのない早期に発見することが可能です。

(※野球肘検診を行うことによって全て発見できるわけではありません。)

患者様の声

腰の痛みが我慢できずコルセットについて相談できる鶴岡市の病院は?

2016.12.16 | Category: 腰痛

あまりにも腰痛がひどくなってしまったのでコルセットを着けようと思われる方も多くいます。

今日本には3,000万人ほどの腰痛持ちがいるとされていますので、仮にその中の10%にコルセットが必要であるなら300万人がコルセットを着用することになります。

では鶴岡市でコルセットを着用することにした場合、どこの病院や整骨院に行くのが良いのでしょうか?

 

・総合病院の整形外科が入っている病院

 

コルセットを着けたいと思うほどの痛みということであれば、まずは病院で診察を受けるほうが良いでしょう。

もちろん通販などでもコルセットは購入することはできます。

しかしコルセットを着けた方が良いのかどうかは素人が決めることではありません。

医師がどのようなコルセットをつけるのかを判断した方が良いでしょう。

また病院で手に入れるコルセットは患者さんに合わせて作っていますので料金はちょっと高いかもしれませんがピッタリサイズが合っています。

それに対し通販のコルセットは当然汎用品になるので、ピッタリのサイズとは言い切れないでしょう。

コルセットの目的は腰を余計に動かさないようにすることと、腰回りの弱くなった筋肉を補佐する事です。

ですから身体にしっかりと密着していないと着用の意味が薄れてしますのでまずは総合病院の整形外科に行きましょう。

鶴岡協立病院、鶴岡市立荘内病院の2病院が良いでしょう。

 

・コルセットには種類があるので選択は慎重に

 

コルセットと一言で言っても色々な種類があります。

腰痛の状態によって選ぶことができます。

しかし病院であればコルセットの種類は選ぶことができますが、通販やスポーツ用品店で購入するのであれば買えるのは簡易型コルセットのみです。

これには腰部ベルトも含まれますが、固定力はそれほど高くはないため重い腰痛には向いていないコルセットです。

その他には軟性コルセットや硬性コルセットというタイプがあります。

これは固定性の高いものになるので個人にピッタリと合わせなければいけません。

そのため病院の医師の指導の元に義肢装具士がオーダーメイドで作ります

当然これらは病院でしか購入できません。

 

・鍼灸整骨院でもコルセットは購入できる

 

腰痛に関する悩みをもって整骨院を訪れた方の85%が結果に満足している整骨院があります。

この整骨院は鶴岡市のエイト鍼灸整骨院といいます。

こちらのスポーツトレーナーは腰痛の症状緩和という面でかなりの成果を挙げています。

ですからコルセットを作らなければならないところまで腰痛が酷くなってしまっていたとしてもこちらの整骨院であれば対応することができるでしょう。

鶴岡市で腰痛に困った時に鍼治療を受けられる鶴岡市の病院

2016.12.16 | Category: 腰痛,鍼灸

全国には鍼治療を受けることができる病院というものがあります。

 

例えば、北里大学東洋医学総合研究所には鍼外来という診療科目がありますので、病院内でも鍼治療を受けることが可能です。

 

しかし病院と鍼治療が一緒になっているケースはそれほど多くはありません。

 

山形の鶴岡でも整形外科と鍼灸整骨院は分けられています。

 

腰痛の時には鍼治療も有効であると言われていますが、鶴岡の鍼灸整骨院を紹介します。

 

 

・鍼は使い捨てなので安心のみさき治療院

 

 

みさき治療院ではトリガーポイント理論に基づいて治療が行われています。

 

これは痛みを感じるポイントに鍼を刺すことで刺激を与え、筋肉の緊張を和らげるという方法です。

 

筋肉の緊張の緩和に加えて、血流の改善や副交感神経が刺激を受けて活性化するようになります。

 

そうすると人間が本来持っている免疫力を基本とする自己治癒力が上がり健康を崩しにくいようになると言われています。

 

これがトリガーポイント理論と呼ばれていて、腰痛にも効果があると期待されています。

 

さらにこのみさき治療院では、鍼治療で使用した鍼はすべて一度きりの使用のみなので衛生面でも非常に信頼できる治療院です。

 

身体の中から腰痛を直せるきっかけを掴めるかもしれません。

 

 

・腰痛に悩みなかなか治らなかった方が集まるつるおかナチュラル鍼灸整骨院

 

 

つるおかナチュラル鍼灸整骨院では腰痛をきちんと種類に分けて判断しています。

 

単純に腰痛という言葉でくくってしまうのでなく、腰痛の脊柱狭窄症なのか、慢性腰痛なのか、腰椎椎間板ヘルニアなのかをまず把握します。

 

治療院の中には腰痛と聞いただけですぐに治療に入ってしまうところもありますが、こちらでは腰痛の原因に注目してその症状に合わせて適切に治療を行なっています。

 

そのため今までなかなか治らなかったのに、この治療院に来てから症状が軽くなって楽になったという方が多くいます。

 

腰痛の痛みの緩和のために鍼灸を使うようになります。

 

しかし痛みを緩和するだけでは根本的な解決にはなりませんので、骨盤や股関節や背骨などの歪みなども治すことで根本治療を目ざしています。

 

 

・スポーツ業界からの信頼が厚いエイト鍼灸整骨院

 

 

医師であり鍼灸師でもある方が絶賛している整骨院であれば信頼できる気がしますね!

 

またプロ野球のトレーナーを現役で行なっている方が勧めている整骨院なら行ってみようと思うのではないでしょうか?

 

そんな鍼灸整骨院がエイト鍼灸整骨院です。

 

こちらの整骨院は腰痛の緩和の面でもとても有名で、多くの患者さんがこちらで回復を遂げているようです。

 

痛くて朝起きられなかったという女性は腰痛が軽くなって楽に起きられるようになったという意見もあります。

 

 

それぞれの整骨院には特徴があるので、自分の好みに合わせて選ぶのが良いでしょう。

鶴岡市で受けられる効果の高い針治療の内容について

2016.12.16 | Category: 鍼灸

鶴岡市には針治療を受けられる鍼灸整骨院が複数あります。

では効果の高い針治療の内容とはどのようなものでしょうか?

針治療についてご説明します。

 

・針治療に効果があると言われている理由

 

身体に針を刺して一体どんな意味があるのだろうと疑問に思われている方も少なくないでしょう。

なんとなく東洋医学だということは分かっていても、体調が良くなる仕組みが分からないと思います。

簡単に說明するなら針治療の目的は血行改善ということです。

例えば肩がこっている時には肩の部分の血行が悪くなっているために痛みなどが生じるようになります。

血行が悪くなるとその部分に乳酸が溜まってしまい、それが疲労という感覚になってしまいます。

ですから血行を良くしてあげれば肩のこりは解消されます。

針を刺すと刺された場所には傷ができます。

その傷は非常に小さいので見るのも難しいかもしれませんが、身体はこの傷を修復しようとしてその付近の血液の流れを良くしようとします。

これによってこりの周辺で血行が良くなり、血液の中に溜まっていた乳酸が運ばれて肩のこりは解消されるわけです。

 

・お風呂に入って血行回復させても良いのでは?

 

針治療は血行回復だと聞くとある方は、お風呂にじっくり入ることで血行が良くなるので肩こりも治るのではないかとおっしゃいます

本当にそうであれば針治療は不必要になりますね。

実際はどうでしょうか?

確かにお風呂に入ることで一時的に血行は良くなりますがこれには持続性があまりありません。

そのため風呂から上がりしばらく経つと根本的な原因が解決していないので肩は元に戻ってしまいます。

ですから針治療によってピンポイントで効果の続く治療を行なってもらうことが必要です。

 

・鶴岡市の鍼灸整骨院のレベル

 

先程も說明しましたが、針治療はピンポイントで血流を回復させる効果が期待されています。

肩がこっているとします。

その肩がこっている場所は肌表面に近いところでしょうか、それとも皮膚表面よりもずっと奥になるでしょうか?

針治療はこうしたこりの場所によって使う針を使い分けています。

ここに鍼灸師の実力が表れてきます。

知識や経験の少ない鍼灸師の場合には、単純にこっている部位や血流改善が必要な部位に同じような針を刺します。

しかしこっている場所の深さは異なっていますので、本来であれば針を刺す深さを調整しなければいけません。

 

鶴岡市にある鍼灸整骨院ではこうした変化をある治療を行なうだけの経験と知識のある方が多いので安心して治療を任せられます。

スポーツや仕事による突き指を治療できる鶴岡市の病院

2016.12.16 | Category: 捻挫

スポーツをしていて突き指をしてしまったという経験があるでしょうか?

スポーツをしている時だけではなく、仕事をしている時でも何気なく動かした手が壁に当って突き指をしたということもよくある事です。

山形県鶴岡市で突き指をしてしまった時に通える病院をピックアップしています。

 

・突き指はどの診療科目に行けば良いのか?

 

突き指くらいはガマンしなさいと昔はよく言われたものです。

引っ張っておけば良くなるからと間違った情報を教えられたという記憶のある方も多いのではないでしょうか?

しかし突き指は1種類の症状を指しているわけではなく、指を突いて怪我をしたという意味なので骨折も腱を痛めている場合も突き指となってしまいます。

程度によってかなり症状が異なりますので甘く見ないようにしましょう。

ではどの診療科目に行くのが望ましいでしょうか?

まずは整形外科に行って診察をしてもらうようにしましょう。

骨が折れていないのか、腱が傷ついていないのかということを判断するのが整形外科です。

その後の治療はこの診断に従って行われることになりますので受診するのは整形外科が正解です。

 

・鶴岡市の整形外科に行くなら

 

突き指でもきちんと整形外科に行って検査してもらうべき事を説明しました。

スポーツをしていて突き指をした場合は症状が重い可能性がありますので、大きな病院に行って診察を行なってもらうようにするべきです。

小さな整形外科の場合レントゲンやCTMRIといった検査機器が揃っていないのでなるべく大きな総合病院を選びましょう。

鶴岡市内で大きな病院は鶴岡市立荘内病院です。

こちらであれば緊急でも診てもらうこともでき、検査施設もとても充実しています。

 

・検査が終了した後には近くの整骨院や接骨院に通う

 

大病院は検査機器の充実という面では抜きん出た存在ですが、通院する時にいつも込んでいますのであまり向いていません。

ですから整形外科で検査をしてもらい突き指の状態や治療方法が決まったのであれば、その後のリハビリなどは近くの整骨院や接骨院に通うというのも問題ありません。

その際にはリハビリの面で実績のある整骨院を選ぶようにしましょう。

整骨院は病院ではありませんがリハビリの分野で病院と協力することができます。

 

鶴岡市にあるエイト鍼灸整骨院はスポーツトレーナーのいる場所なので、万全の状態でスポーツをまた始めるためのサポートをしてくれます。

また仕事で突き指をした場合でも、少しでも早く職場での仕事に戻らなければいけないでしょう。

そんな時にスポーツトレーナーのアドバイスは役に立ちますよ。

鶴岡市で通うことができる整形外科の病院はどれくらいある?

2016.12.16 | Category: 整形外科

鶴岡市には少なくとも16件の整形外科を診療科として掲げている病院があります。

大きな総合病院から小さな個人病院までありますので、身体の状態に合わせて選ぶことができます。

幾つかの病院をまとめますので参考にしてみてください。

 

・鶴岡協立病院は鶴岡で整形外科を含む病院の中で大きな総合病院

 

鶴岡に住んでいる方であれば鶴岡共立病院はご存知だと思います。

こちらの病院は総合病院でベッド数も500床を超えています。

診療科目も総合病院らしくたくさんありますので、整形外科と合わせて他の症状で病院に通う時にはとても便利です。

単に整形外科があるわけではなく、リハビリテーション科もあり専門のリハビリテーション室での回復を行なうことができます。

但し総合病院になりますのでこうしたリハビリテーションに関しても、継続して長く行なうことはできません。

あくまで急性期のリハビリテーションということになりますので、継続してリハビリを望む場合にはリハビリ専門の病院への転院となります。

しかし関連病院として鶴岡共立リハビリテーション病院がありますので、他の総合病院より系統だったリハビリを受けることはできます。

 

・鶴岡市立荘内病院は鶴岡市内で一番大きな整形外科を含む病院

 

鶴岡市立荘内病院は診療科目も非常に多いベッド数520床の大きな総合病院です。

診療科目としては、内科、外科、神経内科、呼吸器内科、循環器科、整形外科、形成外科、リハビリ科、麻酔科などが含まれています。

さすが大病院だけあって、ココに行けば大抵の病気の治療を行なうことができます。

特にドクターヘリが利用することのできる病院としても知られているので、緊急性の高い時には迷わず利用することができます。

つまり鶴岡で唯一の整形外科2次医療つまり救急医療を扱うことのできるレベルの高い病院です。

整形外科の分野では、関節外科、手外科、脊椎外科などに分かれていて整形外科に含まれるほとんどの症例を扱うことができる鶴岡市の整形外科ならココという病院です。

複雑な手術については新潟大学整形外科のサポートも受けているので、安心して通うこともできます。

 

・個人病院の中では施設が充実している志田整形外科医院

 

総合病院に加えて個人の整形外科医院も鶴岡は充実しています。

その中でも志田整形外科医院はMRIも完備していますので、大抵の整形外科の範囲の症状であれば対応することもできます。

そしてこのMRIがあるおかげで、靭帯や筋肉の状態も正確に把握することができるので質の高い治療を行なうことができます。

 

鶴岡市にはこちらの3件以外にも10件以上の整形外科がありますので、必要に合わせて選ぶことができます。

通院しやすい鶴岡市の志田整形外科の先生の得意分野について

2016.12.16 | Category: 整形外科

整形外科とリハビリテーション科のある鶴岡市の志田整形外科医院についてご紹介します。

鶴岡市にある他の整形外科との違いについてもご紹介しますので、参考にされてください。

 

・正確な診断のためにMRIを設置

 

多くの整形外科にはレントゲンが設置されています。

レントゲンがあれば骨が折れている場所や割れてしまっている場所を特定する事ができます。

しかしレントゲンでは分からないこともあります。

例えば骨のヒビ、靭帯の損傷、軟骨へのキズ、内出血の状態、肉離れなどはレントゲンでは把握が難しいと言われています。

ですから正しい診察を行なうためにはプラスアルファの検査機器が必要になります。

逆に言えばこうした機器がない場合には、他の病院に検査を依頼することになりますので結果がでるまでに時間がかかってしまいます。

しかし志田整形外科医院にはMRIが設置されていますので、靭帯の損傷具合や肉離れの程度などについてもきちんと把握できます。

この筋肉や靭帯に関する詳しい情報が治療方針やリハビリの程度を決定するのに役に立ちます。

やはりスポーツによる外傷という分野ではMRIの存在はかかせません。

 

・整形外科の一般診療にも丁寧な治療

 

ちょっと腰が痛い、肩こりが段々ひどくなってきているように感じるということがあると思います。

自分で肩を回してみたり、腰を動かしたりしてもなかなか改善しないという時には志田整形外科医院が良いでしょう。

一つ一つの症状に対して丁寧に対応してくれるので安心して治療を委ねることができます。

加えて交通事故などの突発的に発生する外傷や慢性的に起きる膝関節痛などの治療にも好評な医院です。

先生もとても親切な方なので1人で悩むのではなくまずは通院してみることができます。

 

・脊柱管狭窄症などの時間のかかる治療

 

一般的に治療を行なうのは難しいとされている後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症、広範脊柱管狭窄症といった病気についても専門的な治療をこちらで受けることができます。

さらに慎重に治療を行なうべき脊柱管狭窄症といった症状の治療もこちらの病院の得意分野です。

この病気は若い頃から重い物を持つ仕事をしてきた、またはドライバーなどがかかえる症状の1つです。

 

大切な神経の通っている脊髄に関係していますので、かなり細い治療になっていきます。

しかしこちらの病院の特徴はこうした細い神経に関係する部分の治療ともなっていますので、長期的に安定した治療を受けられます。

加えて当然ですがリハビリテーションも行なっていますのできちんと普通に生活ができるようになりまでしっかり面倒をみてくれます。

 

 

当院でも鶴岡市志田整形外科と連携をとりながら施術を行うことが可能です!

是非無料相談ください!

鶴岡市の宝田整形外科はどんな病院?行っている治療の内容

2016.12.16 | Category: 整形外科

鶴岡市の宝田整形外科クリニックはこの付近では珍しいスポーツドクターが在籍している整形外科クリニックです。

こちらの整形外科クリニックは平成17年に開業した病院です。

簡単ではありますが宝田整形外科クリニックをご紹介します。

 

・患者さんを第一に考える治療

 

宝田整形外科クリニックの特徴は患者さん一人一人に寄り添うような医療を行っていることです。

これは診療時間にも表れていて診療開始時間は朝の7時からです。

その後830分まで診療を行い、9時から再び午前の診療を行なっています。

つまり朝の出勤前や登校前の時間を使って通院できるように朝診療を行なっているわけです。

加えて土曜日日曜日も時間は午前のみですが診察を行なっていますので、週中はなかなか通院できないという場合でも安心して通えます。

訪問リハビリテーション、通所リハビリテーションまであるので院内で系統だった治療を受けることもできます。

さらに同じ鶴岡市にある宝整骨院も付属として所有しているので、交通事故などで苦しむ患者さんにも長期間対応できています。

このように患者さんを第一に考える方針がこのクリニックの特徴です。

 

・宝田整形外科クリニックの診療科目

 

宝田整形外科クリニックにはスポーツ整形を含む整形外科、リハビリテーション科、リウマチ科があります。

特に優れている科はスポーツ整形の分野です。

先程もご紹介しましたがクリニックの院長はスポーツドクターとして日本体育協会に認定されており、さらにオリンピック強化スタッフとしても活動しています。

そのためスポーツによって怪我をしてしまった、身体をおかしくしてしまったという場合の対応と知識の深さはこの付近では随一でしょう。

リハビリテーション科に関しても、同規模の病院と比べると圧倒的に理学療法士が多いので充実したリハビリを受けることもできます。

もちろん院長以外にもスポーツトレーナーも在籍しており、こちらの科でもスポーツ外傷などに対応できます。

 

・宝田整形外科クリニックと宝整骨院には最新の機械が揃っている

 

クリニックも整骨院も新しい方が設備に関しても優れています。

宝田整形外科クリニックは平成17年に開業し、宝整骨院は平成21年に誕生したのでこちらに設置されている機器はほとんどが新しいものです。

そのため最新の治療を受けることもでき、その上スポーツドクターとしてフィギュアスケートのサポートをしているドクターがいます。

 

こうしたクリニックであれば安心して治療に専念することができます。

当院も鶴岡市の宝田整形外科と連携をとりながら治療をしていける治療院の一つです。

是非ご相談くださいね!

当院の推薦の声

このような方は当院へ

もし一つでも当てはまるものがある方は

当院が選ばれる理由

他院との違い

3つの秘密

当院の治療の流れ

お約束

保障について

50%OFF

1750

予約について

当院へのアクセス情報

所在地〒997-0023山形県鶴岡市鳥居町21-11 メゾン鳥居102
駐車場4台あり
電話番号0235-23-3884 ※「HPを見て予約をしたいのですが」とお伝え下さい。
予約お電話・ネット及びLINEでのご予約が可能です。
休診日土日、祝祭日

予約について

フェイスブックを始めましたので「いいね」をお願い致します。