野球肘・野球肩の故障に負けないために当院へ|鶴岡市のエイト鍼灸整骨院
もう大丈夫です!
ご予約は今すぐ!
ここをタップして電話をする
受付時間(月‐金)
9:00~13:00 / 14:30~20:30
友だち追加数

野球肩 野球肘 故障

野球肩や野球肘などの故障に負けないために覚えておきたい事

野球肩や野球肘とは、野球に限らずテニスやバレー水泳など、肩を使うスポーツなどで起こってしまう肩痛や肘通です。
野球の場合、自分の利き腕で投げることがほとんどですが、筋肉疲労が原因で炎症を起こし痛くなってしまいます。
このような野球肩や野球肘になってしまったらスポーツ選手としては大変なことになってしまう場合があります。
どんなに上手く投球などができても野球肩や野球肘の痛みで思い通りに動かすこともできなくなることがあるのです。
そんな野球肩や野球肘の痛みに負けない為には、普段からの練習の仕方等が大切です。

野球肩や野球肘になってしまっても負けない方法はある?

まず、どんなスポーツでも同じですが、よく使う体の部分に無理をさせない為柔軟運動などをきちんと行って下さい。
しっかりとストレッチや肩回し、肘回しを行う事で筋肉が柔らかくなり少々の衝撃では野球肩や野球肘の痛みが出なくなります。
肩や肘が硬い人が野球肩や野球肘になりやすいので気を付けて下さい。
プロ野球選手でもシーズンオフには1ヶ月以上かけて肩を作ります。
中高生や大学生などまだ発達段階の青少年が野球肩や野球肘になるのはケガか練習のし過ぎが原因ですがこの柔軟が不十分な事も多いです。
しっかりと柔軟をしてから練習をすればケガもしにくくなり野球肩や野球肘になっても軽くて済みます。
柔軟をしたあと練習に入っても中学生で1日70球、高校生でも1日100球以上は投げないようにして下さい。
圧倒的に練習のし過ぎで野球肩や野球肘になる人が多いので、無理しない練習が基本です。

また、投球などのスポーツをして痛みを感じるようなら無理は禁物です。
できれば痛みを感じなくなるまで練習は止めておいた方が無難ですがそういうわけにもいかないことがあります。
野球肩や野球肘は我慢して悪くなるケースが多いですが投球フォームなどを治さないと根本原因は変わりません。
2度とスポーツが思うようにできなくなることもあるので無理しないスポーツをして下さい。



当院の推薦の声

このような方は当院へ

もし一つでも当てはまるものがある方は

当院が選ばれる理由

他院との違い

3つの秘密

当院の治療の流れ

お約束

保障について

6/30(金)

50%OFF

1750

予約について

当院へのアクセス情報

所在地〒997-0023山形県鶴岡市鳥居町21-11 メゾン鳥居102
駐車場4台あり
電話番号0235-23-3884 ※「HPを見て予約をしたいのですが」とお伝え下さい。
予約お電話・ネット及びLINEでのご予約が可能です。
休診日土日、祝祭日

予約について

フェイスブックを始めましたので「いいね」をお願い致します。