もう大丈夫です!
ご予約は今すぐ!
電話予約
友だち追加数

野球肩 予防 ストレッチ

野球肩を予防するためにやっておきたいストレッチとは

野球肩にならない為には、硬くなっている筋肉を柔らかくする必要があります。
肩のストレッチを念入りにすれば野球肩を予防することもできますので、しっかりと行って下さい。
肩のストレッチを行う時の注意点としては、まず、激しく動かさないことがポイントです。
ストレッチですから筋肉を鍛えるのではなく、柔らかくするのが目的です。
筋肉をゆっくり伸ばすことを心がけて動かしてください。

ランニング・準備運動は必須

できれば、軽いランニングなど体を温めてから行うと血流も良くなっているのでやりやすいです。
反動などを付けると筋肉を痛めることもありますので深呼吸をしながら途中で止めたりして伸ばしていくと良いです。
肩の筋肉は腕から繋がっていますので腕を伸ばすような動きが見られます。
痛いと感じる場所があったら無理して延ばさなくていいです。
硬いと感じる場所があるならば特に入念にストレッチを行うと良いです。
肩のストレッチは色々ありますが、例えば両手を後ろで組んで胸を張るような感じで腕をゆっくり動かします。
肩が動いている感じを確かめながら動かしてみてください。
投球する腕を反対側の腕で抑えゆっくりと肩の筋肉を伸ばします。
あまり強く抑えず気持ち良い程度でしばらく止めるといいです。
これを2回から3回繰り返します。
頭の上で腕を組んで体を倒していきます。
胸から肩、背中の筋肉が伸び、柔らかくなります。

その他にも肩回しなどがおすすめです。
肩の血行が良くなって柔らかくなりますがブンブン回すと筋を痛めることがありますので気を付けて下さい。
投球の練習の時の様に後ろに腕を伸ばして頭の上まで引っ張ります。
このとき、スローモーションのように投球をゆっくり行ってみます。
力が入る部分を自分でも確認しながら痛みが無いかどうか確認してください。
野球肩は、初期段階ならば治るのも早いですが重症化すると手術しないと治らない事もあります。
とにかくストレッチをしながら痛みの有無を確認しあるようなら無理しないでください。



肩こり整体体験レポート

患者様からのお礼の声100件突破
信頼の改善率94%
TVや雑誌などのメディアに掲載されています

当院の推薦の声

大学病院の小山先生から推薦の声
この度、エイト鍼灸整骨院さんの三浦先生に施術をしていただき、以前より痛めていた肩の疼痛が改善し、非常に動かしやすくなりました。
さらに私は仕事(手術)で中腰になることが多いのですが、それにより抱えていた腰痛も改善したように思います。 整形外科医として先生方の施術の技量に感銘を受けた次第です。
また、施術中に患者様に対する三浦先生の考えをお聞きし、日夜施術の知識と技術を向上させるために努力なさっている様子を拝見し、非常に信頼できる先生だと感じました。
エイト鍼灸整骨院さんの患者様に対するお考えは、医師である私も考えるところが多く、非常に勉強になりました。
もしお身体の不調をお持ちの方がいらっしゃいましたら、エイト鍼灸整骨院さんで施術を受けることを推薦いたします。

このような方は当院へ

もし一つでも当てはまるものがある方は

年間15000人以上の施術実績

当院が選ばれる理由

他院との違い

3つの秘密

当院の治療の流れ

お約束

まずは無料相談をご利用ください

50%OFF

1750

保障について

万全のサポートに加え、安心の全額返金保証制度つき

予約について

当院へのアクセス情報

所在地〒997-0023山形県鶴岡市鳥居町21-11 メゾン鳥居102
駐車場4台あり
電話番号0235-23-3884 ※「HPを見て予約をしたいのですが」とお伝え下さい。
予約お電話・ネット及びLINEでのご予約が可能です。
休診日日、祝祭日
24時間365日無料メール相談・予約

予約について

フェイスブックを始めましたので「いいね」をお願い致します。