野球肩のタイプに対する練習方法|鶴岡市のエイト鍼灸整骨院
もう大丈夫です!
ご予約は今すぐ!
ここをタップして電話をする
受付時間(月‐金)
9:00~13:00 / 14:30~20:30
友だち追加数

野球肩 タイプ 練習方法

どんなタイプが野球肩になりやすい?練習方法の特徴は

野球は人気のあるスポーツなので、早い子供は小学生の時から野球チームに入り練習をしたりしています。
野球クラブなどで、野球経験があり正しい指導法やケガをしない野球を教えられるコーチや監督がいる所なら問題ないです。
しかし、野球の部活などで野球の経験等が無い指導者の場合、子供が初心者だと自己流の投球をしたりします。

野球肩になってしまう練習となりやすいタイプとは

正しい投球フォームも教えられない為、良い投球をするような投手であっても、フォームによっては野球肩になりやすいものがあります。
また、野球経験が無い指導者は、自分の気持ちだけで練習をすごくさせてしまう事があり練習のしすぎで野球肩になってしまう事もあるのです。
子供自身の問題ではなく、良い指導者かどうかで野球肩のリスクが高くなると言っても過言ではありません。
まず、小学生なら1日50球なげるのが限度です、それ以上投げさせる指導者なら注意した方が良いです。
試合で勝つ事よりも子供の身体の方が大切だからです。
野球肩も我慢して投げ続けると腕も上がらず手術しなくてはならない事もあります。
このような野球肩になりやすいタイプもいます。
誰でも野球をする時はピッチャーやキャッチャー等をやってみたいと思うものですが、投球が多いポジションほど気を付けないと野球肩になります。
野球肩になりやすいタイプの人は、身体が硬い人です。
目安として背中で両手を合わせられなかったり、屈伸をする時身体が硬くて下まで手が届かない場合投手やキャッチャーには向かないです。
投球等をしても野球肩になりやすいです。

なぜなら、身体が硬い人は柔軟性が低いからです。
身体が硬いと投球等の負荷を身体に欠けた場合、肩の周りの疲労が起こりやすく、疲労が起こることで筋肉に炎症が起こり野球肩になります。
できれば身体が柔らかく柔軟性がある人がピッチャーなどに向いていると言えます。
指導者は、きちんとスポーツで起こる野球肩等のケガの知識も持ってピッチャーなどを決めたり投球練習をさせる必要があります。



当院の推薦の声

このような方は当院へ

もし一つでも当てはまるものがある方は

当院が選ばれる理由

他院との違い

3つの秘密

当院の治療の流れ

お約束

保障について

6/30(金)

50%OFF

1750

予約について

当院へのアクセス情報

所在地〒997-0023山形県鶴岡市鳥居町21-11 メゾン鳥居102
駐車場4台あり
電話番号0235-23-3884 ※「HPを見て予約をしたいのですが」とお伝え下さい。
予約お電話・ネット及びLINEでのご予約が可能です。
休診日土日、祝祭日

予約について

フェイスブックを始めましたので「いいね」をお願い致します。