野球肩による痛み|鶴岡市のエイト鍼灸整骨院
もう大丈夫です!
ご予約は今すぐ!
ここをタップして電話をする
受付時間(月‐金)
9:00~13:00 / 14:30~20:30
友だち追加数

野球肩による痛みは冷やすそれとも温める?リハビリの方法とは

人の体は複雑です、良いと思ってやってしまった事が逆効果になってかえって悪くなる事もあります。
ケガや病気等急になってしまうと処置方法を間違ってしまう事もありますが野球肩も同じです。
野球肩になってしまったらアイシングといって冷やすのが基本的なリハビリになります。

しかし、なぜ野球肩はひやさなければならないのでしょうか。
野球肩は、肩の中で筋肉と骨の間等に炎症が起こっている事が原因の場合がほとんどです。
炎症とは、患部が出血などを起こしている状態で痛みがあったり腫れがあったり時にはその部分が熱かったり赤くなったりしています。
痛いので肩を動かすのも辛いという症状だと炎症が起こっていると言えるのです。
このような場合、温めるのは絶対に止めた方が良いです。
炎症がある所を温めると逆に痛みが増して腫れがひどくなったりします。
これは、出血している部分の血行が温めることで良くなってたくさん出血するからです。
炎症がある時は基本冷やす(アイシング法)ことが大切です。
患部を冷やすことで野球肩の炎症が治まってくるのです。
冷やすことで血が出にくくなるため腫れや痛みも早く引きます。

温める事で血行が促進される

例えば、炎症ではなく血行不良の肩コリや腰痛の場合は温めると血行が良くなって痛みが和らぐ事があります。
しかし、野球肩は、炎症が起こるタイプの疾患ですから冷やして下さい。
野球肩で炎症の状態が強い時に温泉等に入るのもこういう理由でおすすめではありません。
痛み等がなくなり炎症が落ち着いているなら温泉は健康に良いですが、野球肩の場合は逆効果になる事もあります。
リハビリでは、運動後のクールダウンも重要です。
いきなり動かないのではなく運動後の軽いストレッチをすることで疲労物質も早く体外に排出されやすくなり体力回復しやすくなります。
できるだけ無理のない練習をする事も大切ですので、アイシングとリハビリ、体力回復に努めて下さい。



当院の推薦の声

このような方は当院へ

もし一つでも当てはまるものがある方は

当院が選ばれる理由

他院との違い

3つの秘密

当院の治療の流れ

お約束

保障について

50%OFF

1750

予約について

当院へのアクセス情報

所在地〒997-0023山形県鶴岡市鳥居町21-11 メゾン鳥居102
駐車場4台あり
電話番号0235-23-3884 ※「HPを見て予約をしたいのですが」とお伝え下さい。
予約お電話・ネット及びLINEでのご予約が可能です。
休診日日、祝祭日

予約について

フェイスブックを始めましたので「いいね」をお願い致します。