野球肘で外側が痛くなる場合の症状は?|鶴岡市のエイト鍼灸整骨院
もう大丈夫です!
ご予約は今すぐ!
ここをタップして電話をする
受付時間(月‐金)
9:00~13:00 / 14:30~20:30
友だち追加数

野球肘 外側 症状

外側型野球肘とは?初期症状と痛みの関係性について

野球肘でも色々な種類が多いのですが小学生に多いのが外側型と呼ばれるものです。
外側型は最初痛みをあまり感じない方が多いのですが、肘の軟骨部分が練習のし過ぎ等により少しずつ剥がれていくというものです。
野球の投球練習をやり過ぎてしまうとひじ関節の骨同士がぶつかることが原因ですが、急激な痛みはないものの気が付くとひどい状態というケースも多いです。
外側型の野球肘がひどくなってしまうと肘関節部分の骨の変形や欠損、骨が一部欠けてしまう遊離骨片があるような状態になることもあるんです。
外側型の痛みは、痛いと感じて病院に行った時には軟骨がかなり剥がれた状態になっていたりします。

野球肘の外側型の痛みとはどんなものか?

ジワリジワリと痛くなりますが、急激に症状がすすむこともあるのです。
何かおかしいと思っていても、痛みが無い為病院に行く機会を逃して重症化してしまう子供が多いのが野球肘外側型の特徴でもあります。
普段から投手は、肘だけではなく肩も気を付けなければなりません。
特に小学生のうちは、成長期で骨や軟骨が柔らかいのでこのような状態になることも多いです。
骨や軟骨が柔らかいと強い力で球を投げた時に大人よりダメージを多く受けてしまいます。
最初は違和感だけなのがどんどん痛みが増していく感じで病院に行ってみようという風になるのです。
そして、病院などで治療を始めた時には手遅れで変形してしまう事もあります。
そうならないためにも普段から肘の状態を注意してみておく必要があります。

肘が痛くなくても曲がらないなど違和感があるようなら病院に行かれる事をおすすめします。
病院などでは、上腕骨小頭離断性骨軟骨炎と診断される事もあります。
診断されたら当分野球ができないと思っておいた方が良いです。
そこで無理すると高校生などになってから野球ができない原因になってしまいます。
無理をすると変形などその後の人生に影響する症状が起こってしまいますので注意してください。



当院の推薦の声

このような方は当院へ

もし一つでも当てはまるものがある方は

当院が選ばれる理由

他院との違い

3つの秘密

当院の治療の流れ

お約束

保障について

50%OFF

1750

予約について

当院へのアクセス情報

所在地〒997-0023山形県鶴岡市鳥居町21-11 メゾン鳥居102
駐車場4台あり
電話番号0235-23-3884 ※「HPを見て予約をしたいのですが」とお伝え下さい。
予約お電話・ネット及びLINEでのご予約が可能です。
休診日日、祝祭日

予約について

フェイスブックを始めましたので「いいね」をお願い致します。