野球肘の原因になりうる投球フォームとは?|鶴岡市のエイト鍼灸整骨院
もう大丈夫です!
ご予約は今すぐ!
ここをタップして電話をする
受付時間(月‐金)
9:00~13:00 / 14:30~20:30
友だち追加数

野球肘 原因 投球フォーム

野球肘の原因とは何か?ひじへのダメージがある投球フォームとは

小学生から高校生までの成長期に野球を行っている人には野球肘になる人がたくさんいます。
主に投手などに多く、野球の練習のし過ぎで肘に負担をかけて野球肘になってしまうパターンが続出しています。
野球肘の原因は、まだ柔らかい成長期の子供の腕に球を投げるなどの負荷を与えることで肘に炎症が起こってしまうのです。
特に体が硬い子が野球肘になりやすいと言われていて、投手には柔軟性が高い子が向いていると言われています。
体の硬い子はスローイングの時に柔らかい事比べ筋肉が硬直して投げるので負荷の度合いがはるかに高いです。
この状態を続けることでだんだん肘に痛みを感じるようになります。

野球肘はどのようなフォームで起こるの?

野球肘には、痛みが起こる場所によって後方型、外側型、内側型があります。
この中でも成長期の子には内側型の野球肘が多く、続いて外側型、最後に後方型になります。
このような野球肘になると治療にも時間がかかったりひどくなると野球ができなくなります。
痛みの初期の段階なら早期の治療で早く治りますので、無理しないことが肝心です。
野球肘になりやすい投球フォームというのもあります。
野球肘になりやすいのは、投球するときに肘が下がる子だと良く言われます。
肘が投げた時に下がると外側の筋肉が硬くなってしまい、そこに集中的に負荷がかかるのです。
投げた後経験者が見ればぎこちないのがすぐに判ります。

このような投げ方だと遅かれ早かれ野球肘のリスクが上がり痛みを感じるようになります。
野球をし始めた子に多いので指導者はきちんと肘の下がらない投球フォームを教えて野球肘を予防した方が良いです。
肘が下がる投げ方で投球を覚える前が一番投球フォームを改善するのに良いです。
しかし、投球フォームが完成してしまっている後はなかなか変えるのが難しいです。
それでも、野球肘予防のためには必要ですので、肘の下がらない投球に変えることをおすすめします。
ケガや病気では早期に痛みに対処することが大事です。
後遺症を残さない為にも痛かったらすぐ野球肘を治療してください。



当院の推薦の声

このような方は当院へ

もし一つでも当てはまるものがある方は

当院が選ばれる理由

他院との違い

3つの秘密

当院の治療の流れ

お約束

保障について

6/30(金)

50%OFF

1750

予約について

当院へのアクセス情報

所在地〒997-0023山形県鶴岡市鳥居町21-11 メゾン鳥居102
駐車場4台あり
電話番号0235-23-3884 ※「HPを見て予約をしたいのですが」とお伝え下さい。
予約お電話・ネット及びLINEでのご予約が可能です。
休診日土日、祝祭日

予約について

フェイスブックを始めましたので「いいね」をお願い致します。