電話予約
友だち追加数

ボール投げる 痛み 解消

野球肩や野球肘の痛み止めの薬や注射の効果について

投球をする時、子供も大人もやりすぎたりすると肩が痛くなる事があります。
これは、練習をし過ぎることで肩の筋肉と骨周辺が炎症を起こしてしまうからです。
これを野球肩と呼ぶ人もいますが、一番良いのは投球をしばらく休む事ですが、なかなかそうはいかない事も多いです。
それでも、何もしないで放っておくと野球肩はどんどん悪化してしまいます。
そうならない為にも肩の痛みを改善する事が大切です。

投球の肩痛はどうやったら解消できる?

投球の際の肩の痛みを改善するには、シップなどのアイシングが有効です。
肩の痛みは炎症が原因ですので、できるだけ冷やして炎症の症状を抑えなければなりません。
シップなどで冷やすことで痛みも治まりますので行ってください。
肩の痛みを改善するにはテーピングによる肩の働きを手助けする方法も有効です。
テーピングの貼り方によっては、肩の筋肉の助けになるようなものもあります。
テーピングをする事により野球肩防止になったり痛みを緩和できます。
インナーマッスルを鍛えることでも野球肩を防止できます。
これは、痛みがある時には逆効果になる事もありますので痛みが治まってから行って下さい。

チューブロープ等を使って肩の筋肉を鍛えるだけではなく筋肉を柔らかい状態にします。
筋肉が柔らかいと野球肩の予防になるだけではなく動きも良くなるので、日頃の練習にも取り入れるようにすると良いです。
練習が終わった後に、ストレッチなどをしてクールダウンをし、寝る前にセルフマッサージをするのも野球肩解消になります。
炎症が強い時のマッサージは逆効果ですが、痛みが無い時は筋肉を柔らかくし血行を良くしてぐっすり眠れます。
しっかりと眠る事も野球肩には大切ですので、寝る前にはセルフマッサージでリラックスして下さい。
これらの方法は、ボールを投げる時の肩の痛みがまだそんなにない初期症状の場合です。
かなり激しい痛みがあったり、普段の生活でも痛みを感じるようならこれらの方法では野球肩の痛みを解消できません。
病院でしっかりと治療や手術を受け治すことが重要になります。



肩こり整体体験レポート

患者様からのお礼の声100件突破
信頼の改善率94%
TVや雑誌などのメディアに掲載されています

当院の推薦の声

このような方は当院へ

もし一つでも当てはまるものがある方は

年間15000人以上の施術実績

当院が選ばれる理由

他院との違い

3つの秘密

当院の治療の流れ

お約束

まずは無料相談をご利用ください

71%OFF

980

保障について

万全のサポートに加え、安心の全額返金保証制度つき

予約について

当院へのアクセス情報

所在地〒997-0023山形県鶴岡市鳥居町21-11 メゾン鳥居102
駐車場4台あり
電話番号0235-23-3884 ※「HPを見て予約をしたいのですが」とお伝え下さい。
予約お電話・ネット及びLINEでのご予約が可能です。
休診日日、祝祭日
24時間365日無料メール相談・予約

予約について

フェイスブックを始めましたので「いいね」をお願い致します。